67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

写真 #081 - #090

90

「伝えたいもの」ではなく「素材」としての被写体

上の写真は山形在住時に自宅近くの公園で撮ったもの。 雪深い冬の山形で、写欲を満たそうと近所の公園に行ったのですが、そこも深い雪に覆われてました。 もちろん遊具も雪に埋もれています。 そんな被写体を求めて公園に行ったのです...  続きを読む


89

写真をWebで公開するリスク

上の写真は、山形在住時に自宅の風呂場で撮ったもの。 山形の冬は雪深く、写真を撮りに外へ行くのも億劫なのですが、 それでも雪景色な線路を撮りに行ってみたりしました。 ただ、それでも満足できず、こんどは家の中を撮りまくった...  続きを読む


88

憧れの写真家さんの真似事はたのしい

上の写真は、山形県の「フルーツライン左沢線」を撮ったもの。 雪深い冬の山形県。 そのため、冬季はお出かけも億劫な日が多いです。 それに加えて仕事も忙しく、結果、カメラとの距離は少し離れ気味。 それだと仕事と天候に負けた気が...  続きを読む


87

フィルムのカラー写真は難しい

上の写真は東京タワーの展望台から撮ったもの。 年に数回ある東京出張も、ぼくの中では東京を撮るチャンスの日。 この日も山形から新幹線で上京。 運よく天気は快晴で、展望台からは富士山の姿もはっきりと確認できました。 乱立する...  続きを読む


86

電線も風景写真を構成させる大切な要素

上の写真は、秋田県の八郎潟で撮ったもの。 日の出の風景を、場所を変えて写真に収めまくった最後の一枚です。 八郎潟は広いものの、写真の撮れる場所は「一般道路」と制約があるため、意外と構図に困りました。 こっちを立てれば...  続きを読む


85

最も「日本離れした景色」な場所

上の写真は、秋田県の八郎潟で撮ったもの。 車中泊で訪れ、日の出前から撮影スポットをクルマで探していました。 ところが、ベストポジションは見つからず。どこもかしこもベストと思える場所。 そこはどこへ行っても景色の変わらない...  続きを読む


84

誰かがハマっているものは大概おもしろい

上の写真は、白石蔵王駅で撮ったもの。 仙台在住時、間近で時速270kmを見学できるということで、家族でおでかけ。 入場料の数百円でそれを見れる日本って凄いなと。 案の定、ホームには見学目的の親子が数組いました。 ホームから...  続きを読む


83

被災地の写真と撮影の必要性を考える

上の写真は、早朝に仙台市の若林区で撮ったもの。 震災から数ヶ月。 立ち入り禁止だった沿岸部にも、そろそろ入れると思って家を出たのですが、まだまだダメなようす。 立ち入りが制限されているポイントに警備の方はいないものの、道...  続きを読む

82

「鏡面反射」が日々の暮らしに与えるもの

上の写真は福島県の裏磐梯にある曽原湖で撮ったもの。 湖畔でゆっくりとピクニック。 たまにカヌーで湖へ出てみたり。 基本的にはごろごろして過ごしました。 ときは進み、陽は沈み、 暖かった気温も下がりはじめ、 けれども、磐梯山の上...  続きを読む


81

PLフィルターを使わなくなった理由

上の写真は仙台の泉区で撮ったもの。 震災から数ヶ月、仙台の隅々まで撮ることを目標にしていたころ、空に巨大な積乱雲を見かける日も多くなりました。 それを撮りたいと思い、クルマで追いかけたわけです。 青空をバックに存在感ある...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.