ワンポイントの無い写真に憧れる | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

ワンポイントの無い写真に憧れる

フィルム写真

上の写真は高知の海を撮ったもの。

車中泊で訪れたのは桂浜。 そこでも写真は撮ったものの、なにか物足りない。 たしかに桂浜はきれいな海岸ですし、坂本龍馬はここで日本の行く末を考えていたのだろうと。 そう思うと桂浜は被写体としては申し分ないはずなのに、ファインダーを覗いてもテンションは低め。

ただ、岬の先端にある「龍王宮」を撮り終えた後、「坂本龍馬記念館」の方へ登ってみると、そこにはぼくの求める景色が広がっていました。 高台から望む太平洋は、文字通りの「大海原」。そんな景色を見渡せば、なんだか坂本龍馬になった気分に。 すこし大きな事も考えしてしまいました。

そんな場所で撮った写真も、お気に入りの1枚だったりするのです。

写真リンク: Ocean l 67 PHOTO

イマイチと思うところもあるのですが、ぼくの想いの分だけで「お気に入り」に入っています。

それは「良い被写体」だったこともありますが、ぼくの考える「理想の写真」にチャレンジした1枚だったりもするので。 構図も少しセオリーから外れていますが、「ワンポイントの無い写真」を撮りにいったことが「チャレンジ」だったりします。

構図にワンポイントを入れると写真が引き締まる。

そのため、主題、もしくは副題をワンポイントにして構図を決めていくことが多いです。 ボツにした写真も「ロゴ」というワンポイントを入れれば復活してくれるので、それも活用しています。

ただ、理想といいますか、ぼくの考える究極の「良い写真」はワンポイントを使わないもの。

閲覧者の視線をコントロールせずに迷わせるも、はっきりと主題は魅せる。 それでいて全体のバランスを完璧。 写真を見た人からは、「よく分からないけど、なんかいいね」という感想をもらえるもの。 「理由は分らずも心が揺さぶられる」。 そんなぼくの考える究極の「良い写真」には、きっとワンポイントが無いと思うのです。

それに近づこうとした写真は、やはり「お気に入りの1枚」に。

そんな「理想」を考えてしまうのは、坂本龍馬に近づいた影響なのかもと、思ったりもしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/13

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「型」があると写真は撮りやすい
前の記事: 「構図」とは決めるものではなく結果そうなるもの

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.