67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「鏡面反射」が日々の暮らしに与えるもの

フィルム写真

上の写真は福島県の裏磐梯にある曽原湖で撮ったもの。

湖畔でゆっくりとピクニック。
たまにカヌーで湖へ出てみたり。
基本的にはごろごろして過ごしました。

ときは進み、陽は沈み、
暖かった気温も下がりはじめ、
けれども、磐梯山の上には巨大な入道雲。

そんな景色を、曽原湖に映った鏡像と共に収めた写真が、この日のベストショットでした。

写真リンク: Lake l 67 PHOTO

それにしても、湖面に映りだされた景色はきれいです。

風景写真の鉄板とも思える「鏡面反射」。 5千円札にも印刷されている「逆さ富士」をはじめ、絶景で知られる「ウユニ塩湖」の魅力もそのひとつかと。 おそらくヒトの本能を揺さぶる要素が、「鏡面反射」にはあるのかと思います。

それは規則正しいシンメトリーからくるものなのか。 それとも、反射というフィルターで生まれた透明感なのか。 色々と考えさせられる「鏡面反射」ですが、おそらく、それも心を安定に導いてくれる存在だと思うのです。

参考: 写真の本質

それは写真に写さなくても感じられる感覚なのかと。 不思議と心落ち着く環境は、整然と規則正しく整列したものに囲まれている場合が多いです。 湖畔でゆっくり過ごせたのも、そう理由かと。

そう考えれば、壁に飾った写真が日々の暮らしに安定をもたらす理由にも頷けます。

参考: 壁の写真と日々の暮らしの関係性

ほんと写真はおもしろいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/06

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 被災地の写真と撮影の必要性を考える
前の記事: PLフィルターを使わなくなった理由

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.