67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「雪道での運転トラブル」その原因と対策と予防策

生物

クルマの運転は好きで、その上スキーも好きとなると、避けては通れないのは「雪道ドライブ」。

東北や北海道にも住んでいたので、雪道には慣れてるのかもしれませんが、基本的には苦手です。 慎重に運転してるつもりでも、ヒヤッとしたことも多々あり。 今までに、大きな事故は無かったものの、小さいトラブルはずいぶんと経験してきました。

そんなぼくの雪道ドライブでの失敗談をまとめておこうと思います。


■積もった雪に乗り上げてスタック

山梨在住時、はじめての失敗は一般道で起こした「走行不能」でした。

除雪していない道路をラッセル状態で進んだのですが、途中で止まってしまい、そこから脱出不可能に。 駆動輪を回してもスリップする、いわゆるスタック状態に陥りました。

スタックの原因は雪に乗り上げてタイヤが浮いたこと。雪の上にクルマのお腹で乗った感じです。 それは通勤時の出来事で、仕事場にも近かったことから、職場の人達に助けてもらいました。 クルマの下の雪を取り除き。前方の雪も取り除く。あとは後ろから押してもらいつつ、アクセルを踏みます。 これで脱出できました。

感謝です。


■スリップして轍にハマった

ぼくの運転ではなかったのですが、走行中にスピンし轍にハマってスタックしました。

スピンしたときの、運転者の「なんで?」の声が忘れられません。 「安全マージンの削り具合」が分からないで運転していると、こうなるんだなと、いい教訓になりました。

クルマは通りがかりの人に助けてもらいました。 駆動輪の真上、ボンネットに乗ってもらい、タイヤの接地圧を稼ぎつつ、クルマを後ろから押してもらいつつ、アクセルを踏んで脱出。 ありがとうございました。

ここで覚えたことは、雪道ドライブではタイヤの接地圧が重要なこと。

F1のフォーミュラーカーが履く「スリックタイヤ」は、接地面積を稼ぐため溝も無く太い。 対してWRCのラリーカーの履くスノータイヤは、接地圧を稼ぐため円盤のように細い。 乾いた路面でグリップを稼ぐにはタイヤの接地面積が必要ですが、雪道のように摩擦係数が極端に低い場合は、接地面積より接地圧が重要になるらしいです。


■4WDでスタック

これもぼくの運転ではないのですが、スキーに行ったとき、友人のクルマが車庫入れ時にバックでスタックしました。 4WDのSUVでしたが走行不能。タイヤの1輪が浮いてしまい、アクセルを踏んでも残り3つのタイヤは回りませんでした。

このスタックの原因は、クルマのデファレンシャルギアのせいです。

クルマは基本的に内輪差を考慮して、タイヤへは個別にパワーを伝えています。そのため、極端に負荷の少ないタイヤがあると、そこにパワーが集中してしまいます。 4WDでも、ひとつのタイヤが路面に接地していなかったり、接地していても雪で摩擦が少なくなっていると、アクセルを踏んでもそのタイヤだけが回ってしまうのです。 路面と普通に接地している他のタイヤは微動だにしません。

これを防ぐため、デフの働きをロックする機構を備えたクルマもあります。

ぼくの乗っていたクルマはFFの2WDでしたが備わっていました。トルクをかけると両輪にパワーが伝わるLSDです。 本来はスポーツ走行用の機構ですが、雪道発進でも威力を発揮。 駆動輪2本が空転しなければスタックから脱出可能です。


■走行中にエンスト

これはスキーへ行った時にやりました。
スタッドレスタイヤは履かずにチェーンで雪道対応していた頃の話です。

目的地へはチェーンを履かずに行けたのですが、駐車場まであと少しのところで路面凍結がはじまりました。 下り坂で怖かったのですが、深夜で周りには他のクルマがいなかったので、3km/hくらいの微速前進で突破することに。

そしたらブレーキを踏んだ瞬間にタイヤはロック。 クラッチを切る間もなくエンジンは停止。 その間も滑りながら進むクルマ。 すぐにエンジンを再始動させ、何事もなかったように進み直しました。

MT車ならではの失敗でしたが、少しの凍結でも、距離が短くとも、凍結路は凍結路。
事故は自宅や目的地の近くで起こりやすい理由がわかりました。


■駐車場から脱出不能

このトラブルは、岩手の安比高原へ行ったときのこと。
夜通し降り続いた雪はクルマを隠すほど積もり、駐車場から発進できませんでした。

周りに停まっていたクルマは脱出できたのですが、ぼくのクルマは改造はしていないものの車高が割かし低かったので無理でした。 ホテルに除雪道具を借りてもよかったのですが、時間がもったいないので、除雪せずに脱出を試みることに。

クルマの下には雪が無く、前後に10cmくらいは動けたので、前進と後退を繰返してみました。

前進して雪に乗り上げたところでサイドブレーキ。 坂道発進の要領で後退させ、また雪に乗り上げたところで再びサイドブレーキ。そして再び前方へ。 これを数回繰り返しているうちに、動ける範囲は徐々に広がりました。 50cmほど動けるようになったので、助走をつけて一気に前方へ。

脱出完了です。


■あと20mで自宅なのにスタック

これは北海道の岩見沢に住んでいたときのできごと。
アパートの駐車場内を進んでるときにスタックしてしまいました。

前方にスタックしているクルマがいたので止まったら、ぼくも走行不能に。
そこから、アパートの人に手伝ってもらい脱出作戦開始です。

とりあえず、ぼくの前で止まってしまったクルマを、アパートの人たちに助けてもらい押しました。
そしてぼくのクルマも押してもらいます。

ここで大切なのは、脱出が成功したあと、そのまま止まらずに進むこと。 お礼を言うために止まりたいのですが、そうすると再びスタックしてしまうので、 ここは冷徹に走り切った方がいいみたいです。

お礼は、クルマを安全なところまで進めてから済ましました。


このスタックの原因は駐車場の雪掻き不足。 ただ積雪量が半端ないと、個人の人力による雪かきでは追いつかないときもあります。 そんなときは大家さんにお願いして重機で一気に除雪してもらいます。

このときもそうしました。
ありがとうございます。


■雪掻きの大切さ

山形在住時の朝、自宅駐車場から発進できませんでした。

自分の駐車スペースは雪かきしていたので路面が見えていたものの、駐車場通路の雪はクルマに踏み固められ厚くなってました。 そうなると駐車スペースと通路の間には大きな段差ができてしまい、はじめのうちは乗り越えられる段差も、この日には越えられなくなってました。 こうなるとお手上げ。

脱出のための除雪は諦めました。雪は堅い氷となっていたので、取り除くにはピッケルが必要なくらいだったので。 とりあえず段差に藁で編んだシートをひき、タイヤと路面の摩擦を稼いで脱出しました。

やっぱし日頃の雪かきは大切みたいです。


■運転中のスリップ

運転中のスリップはよくありました。
スピードを落としても、滑るときは滑ります。

ハンドルをきっても曲がらない。 いわゆるアンダーステアですが、原因はスピードの出し過ぎが一番かと。 ただ、スピードを抑えていても起こるときは起きます。その原因は前タイヤの接地圧不足だったと思います。

クルマの加速状態では重心が後方へ移動します。 そうなると舵をとる前タイヤの浮き気味になり接地圧は落ちてグリップも落ちる。 ハンドルを回してタイヤを横に向けてもクルマは曲がってくれません。 重心が後方に移る上り坂のカーブも同じです。

なのでカーブは緩やかな減速状態で入るのが安全です。

ただ急激な減速状態で入ると、縦方向にタイヤのグリップ力がとられるので、やはりクルマは曲がってくれません。 また、前タイヤの接地圧が上がってるときは、後タイヤは浮き気味となって接地圧が減少し、グリップが落ちています。 そのまま曲がろうとすると、後輪がスリップしてクルマの尻を振ることに。いわゆるオーバーステアになります。

結局、雪道でのカーブの曲がり方は、スピードを抑えることは大前提ですが、緩やかな減速で入り、緩やかな加速で脱出するのが一番安全。 フラットスピードで曲がるよりも安全かと思います。

そしてアクセルとブレーキ、ハンドルの動きの連動も気にしてます。

アクセルを踏み込むときは、ハンドルを戻しながら。ハンドルを回すときは、アクセルを戻しながら。ブレーキもしかり。 ペダルの踏み込み量を増やすときは、ハンドルの舵量を減らしながら行い、ハンドルの舵量を増やすときは、ペダルの踏み込み量を減らしながら。 増やしてから減らしても、減らしてから増やしてもダメ。ハンドルとペダルの増減を、同時に連動させることが大切なのかなと、思ったりもします。

滑りやすいのはカーブの入口出口、上り坂から下り坂に変わるポイント、トンネルの出口くらいでしょうか。 滑りやすいポイントはタイヤを使うポイントでもあるので、そこだけ雪が解けて路面が見えてることもあり、参考になります。

そんな難しい雪道ドライブですが、意外と人間の体はよくできていて、理屈は知らずとも感覚で対応してくれます。

左足を強く踏ん張って体をシートに固定させる。アクセルを踏む足は踵をフロアーに固定して、意識はつま先の踏力に集中させる。 そして、できるだけ遠くを広角視野で見つめれば、クルマが滑っても体が勝手に反応してコントロールしてくれます。 カウンターステアも無意識に当てくれます。責任は持てませんが、クルマの運転なんてそんなものなのかも知れません。


以上です。

大雑把にまとめると、クルマの準備を万全にして、自分の運転とクルマを過信しない。
なによりスピードを抑えること。

これを守れれば自責事故は無くなると思います。

そう考えると、雪道で一番怖いのは「もらい事故」なのかも知れません。
それを防ぐ手立ては「日頃の行い」。

日頃から紳士的な運転を心がけることが大切なんだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 雑記 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/03/12

「雑記」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 残業問題を生み出したのは会社ではなく人
前の記事: 日本の楽しいスキー場まとめ

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.