家ごはん #210 - #220 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

家ごはん #211 - #220

220

次のオーブンは電気?ガス?それとも薪?

この日もピザを焼きました。 重い腰を上げて。 というのも、オーブン料理は好きなのですが、敷居は高かったりするので。余熱やらがめんどくさいので。 そのため、パンを焼きたくて買ったオーブンも、普段は再加熱や解凍のための電子...  続きを読む


219

グラタンも写真映えする「耐熱性の平皿」は気に入らない

お皿は割れるものかと。 特にお気に入りのお皿は割れやすい。 逆に、あまり好きでもないお皿は割れないので、気が付くとそんなお皿たちばかりに。 結局、割れたら買換えようと思うお皿たちと長くつきあっていたりするのです。 きっと...  続きを読む


218

一口サイズのグラタンは「見栄え」もいい

実家で暮らしていたとき、いつもデリバリーのピザは「ダブルチーズ」でした。 一緒に暮らしていたおばあちゃんは大正生まれの人だったのですが、割とジャンク系の食べものが好きで、 夏休みになると、昼ごはんにピザをとってくれる...  続きを読む


217

【失敗】たまごと鶏肉の料理を作ってみた

「親子丼」は割と好きです。 汁は少な目。甘さはタマネギと味醂で出したもの。 そしてタマゴはとろとろ系。 そんな親子丼が好きなのですが、だったら「他人丼」でも「木の葉丼」でも、なんなら「タマゴ丼」でいいのかもしれないけど...  続きを読む


216

自炊には「鉄のフライパン」だけではなく「アルミのフライパン」も必須

鉄のフライパンは自炊に必須の道具です。 フッ素加工されたフライパンは便利なのですが、それゆえに気持ちが料理に深く乗らず、詰まらず、おもしろくなく、モチベーションも続かない。 そこへ行くと、少しの不便さは、それを乗越え...  続きを読む


215

大根サラダで知る「しいたけ」の弱点とは?

大根は繊維を残すように細切りにします。 お皿へは立てるように盛付け。 醤油をかけて、かつお節を乗せれば、「大根サラダ」の完成です。 これを作ったのは大阪に住んでいた頃。 近所のおじいさんに頂いた立派な大根で作りました。 その...  続きを読む


214

「中華粥」は病人食としての「おかゆ」のイメージ...

体調は崩したくありません。 やりたいこと、やらなくてはいけないこと、それらが出来なくなるので。 それと、食事の制限を受けるのも、崩したくない理由のひとつ。 ぼくは体調が優れなくても食欲が低下することはないのですが、実家に...  続きを読む


213

「烏賊と牡蠣と蓮根の炒めもの」が美味しいのは...

いつも、小麦粉には助けられています。 鶏ムネ肉の下処理だったリ、魚のムニエルだったリ。 火を通すことでパサついてしまう食材を、やさしく包み込む小麦粉は、そのひと手間で料理をワンランク上の仕上がりにしてくれます。 さらに...  続きを読む


212

熊本の「ちくわサラダ」は揚げもの料理

夕飯の献立を決めるのは難しく、この日も悩みました。 「お寿司串カツ」もいいけど、「まぐろカマ焼き」の方がいいかな、と思いながら本当に食べたいのは「うにアワビ」。 大きな文字の「ソフトシェルクラブ」も気になります。 ただ...  続きを読む


211

「冷たいどんぶり」は休日の昼の定番料理

冷たいトマトは、炊きたてのごはんによく合います。 トマトは角切り。 鶏モモ肉は軽く茹でてから角切りに。 ふたつを合わせて、塩、酢、砂糖、バルサミコ酢、バジルと和えます。 炊きたてごはんの上に乗せれば完成です。 さっぱり鶏丼。...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.