67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

家ごはん #141 - #150

150

お弁当の「玉子焼き」が白くなる理由

生タマゴの美味しさは反則かと。 味は濃厚で、舌触りはトロンと。 醤油との相性は良く、軽く混ぜ合わせれば、それだけで極上のソースとなりえる。 思えば、日本人の好きな料理の中にもよく入っています。 すき焼きやタマゴかけごはん。...  続きを読む


149

【毒料理】不味いカレーの作り方

スパイスから作ったカレーが不味かった... 以前から、気が向いたときにスパイスからカレーを作ってみるのですが、どうも美味しくなく。旨からず。 「トマトカレー」や「ココナッツカレー」にすると、そこそこ食べられるのですが...  続きを読む


148

「緑豆もやし」で考える食材購入の難しさ

緑豆もやしの炒めもの。 鶏の「せせり」をニンニクと共にフライパンで焼いていきます。 仕上げに「もやし」を投入し、手早く炒めて味付けは塩胡椒。 お皿に盛れば、費用を抑えた「もう一品」の完成です。 そんな料理を作れるのも、大阪...  続きを読む


147

「彩り」に頼らない料理に憧れる

シュリンプサラダ。 エビは殻つきのまま塩茹でし、室温で自然冷却させます。 トマトとアボガドは適当な大きさに切っておきます。 食べる直前にエビの殻を剥いて仕上げます。 適当なドレッシングをかければ完成です。 この日は、市販の...  続きを読む


146

鱈のホイル焼きの「家ごはん」的食べ方

鱈のホイル焼き。 フライパンにアルミホイルを敷きます。 薄切りにしたタマネギ、切身の鱈、薄切りのしいたけ、輪切りのピーマン。 その順番でのせていきます。 味付けは、塩、酒、バター。 ホイルに包んで弱火で焼いていけば完成です。...  続きを読む


145

「空芯菜炒め(もどき)」の味の秘訣

中華料理の「空芯菜炒め」は大好きです。 ただ、メインにはならず、かといって箸休めな一品とも思っていないのですが、それでもお店では頼んでおきたい一品だったりするのです。 「春巻き」「エビチリ」「カシューナッツ炒め」と...  続きを読む


144

メジャーになりつつある「油麩」に感じる寂しさ

地方を転々と、旅をするように移住を繰返しました。 それで知ったことと言えば、地方の有名な1番目よりも、2番目以降の方がおもしろい、ということ。 特に食べ物がそうで、それを知れることも移住の楽しみのひとつなんだと思います...  続きを読む


143

道の途中の「もち米シューマイ」

あまり意識はしていなかったけど、ぼくの料理の師匠は誰か?と考えれば、やはり母親なんだと思います。 小さいころから料理の手伝いをしていたため、覚える気がなくとも、基本的なことは自然と出来るように。 野菜や肉の切り方。フラ...  続きを読む


142

チャーハンのようなオムライスは二度と作らない

土曜日の昼ごはんといえばチャーハン。 うちの家はそうなのですが、他ではどうなんだろう?。 簡単に作れますし、値段もはりませんし、そこそこ美味しいですし。きっと、そんな家も多いかと。 ただ、うちの場合ですが、ひとつ問題があ...  続きを読む


141

「アメリケーヌソース」くらいは作りたい

洋食は作れるのですが、それも「フレンチ」と違うもの。 和食や中華料理もそれっぽくは作れるのですが、フレンチだけは小細工も通用しないので無理。 それはきっと、再現の難しい「オシャレ感」を求められることもあるのですが、それ...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.