67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

家ごはん #081 - #090

90

「たこ焼き」の出来を左右する鉄板マネジメント

親は関西育ちなので、関東育ちのぼくでも「たこ焼き」は馴染みの家ごはん。 夏休みになると必ず「たこ焼き」が昼ごはんな日がありました。 テーブルの真ん中にコンロを用意して、作りながら食べるスタイル。 祖母が「たこ焼屋」を営ん...  続きを読む


89

朝食は大切だからワンプレートで演出してみた

早く起きれた休日の朝は、「朝ごはん」も少し頑張れます。 いつもなら出社や通学があるので、ごはんを作って食べる時間も制限されるのですが、 ちょっとくらい時間がかかってもいい休日の朝ごはんは、いつもより手の込んだものに成る...  続きを読む


88

チヌのフルコース

関西のスーパーでよく見かけた「チヌ」という魚。 気になったので調べたのですが、その正体は「クロダイ」でした。味は真鯛に劣るものの、旬になれば差は無くなるとか。白身で歯応えは良いらしい。 なにより、尾頭付きで売られていた...  続きを読む


87

エビの香草パン粉焼きを家で食べられる幸せ

その昔、ちょっと良い店で「エビ料理」を頼んで少し後悔したことも。 一刀両断された大きなエビがオシャレにグリルされた料理。 とても美味しそうだったのですが、箸ではなくナイフとフォークで食べなくてはならず。 ちなみにぼくは...  続きを読む


86

丸アジで作る南蛮漬けは美味しい?

「アジの南蛮漬け」は好きな料理のひとつです。 ただ、捌いたり揚げたり漬けたりと、労力の多い料理なので頻繁には作れず。 それでも安いアジがスーパーで並んでいると、いつも「アジの南蛮漬け」が脳裏を横切ります。 ただ、スーパー...  続きを読む


85

ポン酢で頂くトンカツは見せかけのヘルシー

少し暴飲暴食をしてしまったとき、その罪悪感を払拭するように野菜を求める自分がいます。 生のレタスはそんな欲求を満たしてくれる優秀な野菜です。 生でバリバリと、大量に口に放り込めば、なんだか健康になった気になれるので...  続きを読む


84

めんどうな灰汁抜きの向こう側にあるタケノコごはん

北海道には無くて、本州には有る、美味しいものといえば「タケノコ」。 転勤を繰返して奈良に辿り着いたとき、景色の中の竹林の多さに関西を感じていました。 ですので、ドライブの休憩に立ち寄った道の駅で「タケノコ」を発見した...  続きを読む


83

もんじゃを食べるとき「あの話」に触れてはいけない

大阪に引越して、食べたくなったものは「粉もの」。 それで作ったものは、「お好み焼き」ではなく「たこやき」でもなく、「もんじゃ焼き」。 それは東京下町のものと気付いたのは食べているときでした。 おいしいもんじゃは、キャベツ...  続きを読む


82

名古屋の「味噌カツ」はおいしい

ぼくの実家は神奈川県ですので、毎日食べていたごはんは関東的。 といっても関東は他地方の文化が雑多に入り混じったものなので定義付が難しいですが、ぼくの作るごはんは、かつおだしと濃口醤油の使う頻度が高いです。 一方で嫁さん...  続きを読む


81

タルタルソースが主役で鮭のムニエルは脇役

ゆで卵を作ってさいの目切りに。 市販のピクルスの同じ大きさに切っておきます。 それらを市販マヨネーズと合わせて、酢と塩胡椒で整える。 適当に焼いた「鮭のムニエル」の上に乗せれば完成です。 たまに無性に食べたくなる「タルタル...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.