67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

自炊では「料理のカテゴリ分け」も不必要

以前、ベトナム風の和え物を作りました。

参考: 「ベトナム風」を考える | 67 PHOTO

結局のところ、べトナム料理も他の国料理と同じで、「ベトナム料理」と一括りにするには少々無理があるほどの「幅」があるようです。 ただ、それを踏まえても、やはり「ナンプラー」がそれを象徴する味かと。 和食が「醤油」なら、ベトナム料理は「ナンプラー」と言っていいのかと。

そんなナンプラーは、常時ではないものの、割と我家の棚にストックされている調味料のひとつ。
この日も野菜の和え物に使いました。

ニンジンを細切りにして水にさらします。
水気をよく切って、ナンプラーと砂糖、レモン汁でよく和えます。
しばらく放置して味を馴染ませたら完成です。

ニンジンの和えもの
ニンジンの和えもの。

箸休めにぴったりの一品。
ニンジンの味に頼った料理なので「いいもの」を使いました。
酸味の後にくる「ナンプラー」の香りもたまりません。

おいしい。

そう、おいしければなんでもいい。
少し間違っていても、おいしければそれがオリジナル。
ただ、色々と問題になるので、元の料理との区別は必要ですが。

なんにせよ、家のごはんなら自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/22

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: シンプルの履き違えには気をつけたい
前の記事: 「温泉たまご」は最高のタレ

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.