67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「七草がゆ」を作れる余裕を

七草がゆ

短い冬休みも終わり、明日から再び学校がはじまる、そんな日の朝食は「七草がゆ」でした。

クリスマスとお正月で、気の抜けた日々を送っていた小さい頃の冬休み。 最終日は少し憂鬱にもなり、最後まで堕落していたいのですが、それを無視するように用意される「七草がゆ」が嫌いでした。 もっとお餅を食べたかったです。

そんなぼくでしたが、大人になると自ら進んで「七草がゆ」を食べるように。 子供が生まれて家族の「ごはん係」として作ることはもちろんのこと、独身時代でも食べていました。 割かし「行事食」には乗っかる方で、その一環で食べていたわけです。

鍋に湯を張り、刻んだ七草を茹でていきます。
炊いたごはんを投入し、味付けは塩のみ。
軽く煮込めば完成です。

まあまあおいしい。

あまり好きでもない料理を作れるのは、きっと、いつも好きなものを食べているから。 「行事食」に乗っかれるのも、健康に気を使った料理を作れるのも、食に「余裕」があってこそのもの。 いつでも自分の好きなものを食べられるという環境が、あまり好きでもない料理を作れる要因なんだと思います。

そこそこの料理スキルがあれば食の「余裕」を作れます。
それはきっとお金があれば手に入れられるものではないのかと。

そう考えても、やっぱり料理スキルは大切にしておきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/10/09

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 家で焼肉のすすめ
前の記事: 関西で関東風の「お雑煮」を作った理由

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.