67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「ベトナム風」を考える

ピーナッツ和え

ベトナム風な「蒟蒻の和え物」を作ってみました。

味付けは砂糖とナンプラーが主なのですが、これでベトナム料理といえるのか少し疑問です。 そもそもベトナムを含めた東南アジアの料理の「味付けの基本」を、ぼくは知りません。 なんとなくナンプラーとパクチーの味かな?と思っています。

だからでしょうか、自分で作ったベトナム料理は何か違う気もしました。 ぼくの中でのベトナム料理は、割と個性の強い料理のイメージです。ですので、食べたら直ぐに「ベトナム料理だね」と思えるもの、かと。ですが、「ベトナム料理」と思える味のポイントを知りません。 そんな状態で、ぼくなりのベトナム料理を作ってみても、何か違う気がするのは当りまえでした。

他の有名な料理は、味のコアを知ってるのでイメージもしやすいです。

例えば、和食は醤油と味噌、あとは出汁の味。 中華料理は四川や広東と、色々と細分化されますが、「中華料理」と一括りにしたとき、ぼくのイメージではゴマ油とニンニク、それと唐辛子。といいますか「香味シャンタン」。

フランス料理は、出汁のフォンとかバター、バルサミコ酢、そこから作るソースが特徴的かと。 イタリア料理はトマトとニンニク、オリーブオイルですし。 南米料理はスパイスが強く効いてる味を想像してしまいます。

そんな風に、ベトナム料理の特徴と味の出所を知りたいです。

やはりパクチーなのでしょうか。隠し味に砂糖も入れてみたのですが、それが余計だったのかも知れません。 「酸味」としてレモン汁を入れたのですが、これはベトナム料理を表現する上では必要な気がします。 ピーナッツも入れてみましたが、これも正解かと。

ちなみに、上の写真の料理にパクチーは入れてません。 代わりに「しその葉」を入れてあります。 それがベトナム料理っぽくない理由でしょうか。

なんにせよ、本場のベトナム料理を食べないと分からないものなのかとかと。


ベトナムに行ってみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/03/23

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「しゃぶしゃぶ」という普通のなべ料理
前の記事: 【鶏のさっぱり煮】「圧力なべ」の使い方を教わる

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.