67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

チキンカツは優れた料理

揚げ物は割と楽な料理なので、夜ごはんの献立に迷ったときには、よく助けてもらってます。

我家の定番な揚げ物といえば「鶏のから揚げ」。次に天ぷら。その次くらいにフライが入ってきます。 それは手間の掛からない順番なので、小麦粉か片栗粉をまぶすだけの「から揚げ」が一番の定番。 ですので、工程の多い「フライ」は、あまり作らない揚げ物料理となるわけです。

そんなフライ料理の中で一番作ることが多いのは「チキンカツ」。

「エビフライ」は単価が高いので滅多に作りませんし、安くておいしい「アジフライ」は油に臭いが付きやすく、油の使いまわしも悪くなるのであんまりしません。 「コロッケ」も安くて美味しいのですが、手間が掛かりすぎるので、あまり食卓に上らず。 「とんかつ」は、たいがいロース肉を買うところからはじまるのですが、 「チキンカツ」は、いつも冷凍庫で眠っている鶏のムネ肉を使えるので、我家のフライ料理は「チキンカツ」が多くなるのです。

鶏ムネ肉を、薄く適当な大きさにカットし、塩で下味を。
小麦粉、タマゴ、パン粉の順に衣を着けます。
180°の油で揚げれば完成です。

フライ

チキンフライ。



チキンフライ

千切りキャベツと一緒に頂きます。

おいしい。
ムネ肉特有のパサパサ感もありません。
むしろジューシー。

あの「パサパサ感」は、過熱することにより内部の水分が抜けるため起こるらしいのですが、 衣を着けて揚げることで内部の水分流失を防いだようです。

なにより、家計に優しい一品でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/03/20

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 【鶏のさっぱり煮】「圧力なべ」の使い方を教わる
前の記事: おいしい千切りキャベツは豚の生姜焼きの良し悪しで決まる

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.