67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

新夕張駅で1時間待ち

2016.05.21

朝から徒歩で新得駅へ。

今日は待ちに待った「軽トラ」の納車の日。 北広島のディーラーまでクルマをとりに行ってきました。 自宅まで送ってもらうこともできたのですが、送料をケチるためと、ドライブがしたかったという理由で、自分でとりに行くことにしたわけです。

そして、北広島までの汽車賃もケチることに。

新得駅から北広島までは特急でも時間がかかるのですが、そこを普通列車で行くことに。これで2,000円程うきます。 ただ、新得駅から新夕張までは普通列車が通っていないので、その区間はタダで特急に乗れたりするのです。

そんなわけで新得駅では「スーパー十勝」に乗車。 そして座る席を探すのですが、予想外に混雑していました。 朝から札幌方面に行く人は多かったです。 観光客らしき外国の方も多かったですし。 車窓の風景を見ながらの旅を期待していたのですが、それは不可能なようす。 仕方なくサラリーマン風のおじさんの横、通路側の座席に座りました。

居眠りしている間に、新夕張の駅に到着。 すると列車から降りるのはぼくだけ。 それもそのはず、次の普通列車は50分後。 あまり特急料金をケチる人はいないみたいです。

そんなわけで誰もいない新夕張駅のホームで時間を潰すことになったのですが、67カメラを持ってきていたので、そこは苦痛になりませんでした。

線路
線路。



ホーム
ホーム。



雑草
雑草。



跡
跡。



しばらく撮っていると次の汽車がやってきました。

やってきた汽車は1両編成のワンマン・ディーゼル。 車内にあるのは整理券を発行する機械と運賃箱、そして電光式の運賃表。 降車用のボタンは無いものの、その風景はバスそのもの。 車内アナウンスも女性の声で録音されたものでした。

そんな汽車とも南千歳駅でお別れ。快速列車に乗り換えて北広島を目指します。
そして、北広島の駅に着き、改札を抜けるとディーラーの担当者さんが迎えに来てくれてました。

お店では、簡単な手続きをすまして、いよいよ「軽トラ」に乗車。 久しぶりのMT車。ハンドルは重いパワステ・キャンセル車。 そしてガソリンメーターは心細いところを指していました。

そんなわけで、ディーラーを出た後、とりあえずガソリンスタンドへ。
給油口の位置が分かりづらかったですが、無事に給油は完了。
改めて、自宅に向かって出発です。

でも、まっすぐ帰っても詰まらないで遠回りして帰ることに。ルートは富良野経由。 6年前に住んでいた岩見沢のようすも見てみたいですし。

そして、そのルートを「地図なしで走れるのか?」も気になるところ。 北広島と岩見沢の間は、コストコに通っていたので当時はよく走っていたルートですし、 岩見沢から富良野に抜けるコースも頻繁に通っていたので大丈夫かと。 富良野から新得の道も、何回か走ったこともありますし。かなり記憶は曖昧ですが。

そんなわけで、「地図なし」で行ってみました。

道道1080号線を北上。
途中、「栗沢のいちごは栗沢一だ!」の看板が懐かしいです。
岩見沢の街中に入るとクルマの数が多くなりました。
そして、以前住んでいたアパートを発見。
ここは何も変わっていないようす。
よく通っていたスーパーでトイレ休憩しました。
以前の仕事場の横も走ってみたのですが、建物は健在でした。
その後は、道道917号線で幾春別へ。
あいかわらず、炭鉱跡の建物がカッコいいです。
桂沢の国設スキー場を横目に山道を駆け上がります。
夕張国道は変わらず気持ちの良いドライブコースでした。
交通量は少ないのに、あいかわらず、三段滝の駐車場は混んでいます。
そして、道道135号線に左折すると、やっぱりここは「走りやすい」と思ってしまいます。
富良野盆地に入ったところで少し寄道。景色の良い場所へ寄道。
そこもあいかわらずの絶景でした。
ここからは青看板を頼りに38号線を南下します。

距離を走ったこともあり、だいぶ「軽トラ」とも仲良くなってきました。

バネが硬いのはトラックだから。
スポーツ用の硬さとは少し違うようです。
接地感は少な目な硬さでした。

そしてギア比もかなりのローギアード。
でも、クロス気味ではないものの、カバー範囲はいい感じでした。
ショートストロークのシフトノブは、かなりいいです。

エンジン音も良いかと。
3気筒のバラバラ感は少ない気がします。
まわしても無駄に甲高くならず、安っぽい音ではありませんでした。
トルクカーブも素直な気がします。

ただ、ペダルの位置に少々の不満も。
アクセルとブレーキの位置は申し分ないです。
クラッチの位置も良いです。
ただ、フットレスト的な場所はありませんでした。
これはセミキャブ車の宿命なので仕方ないのですが。

パワステが無いのは少し不便ですが、これは「慣れ」の問題かと。
エアコンが無いのが一番の心配でしたが、それも大丈夫そう。
30℃超えの今日でも、運転が嫌になるほどの暑さではなかったので。

なんだかんだいって、いいクルマです。

そんなことを考えながらクルマを走らせていたら、新得に到着。
これで納車が完了。

またこれで、北海道生活が楽しくなりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 記録 | 筆者: kenji  | 年月日: 2016/05/21

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 釧路湿原を見渡せる展望台からの眺めは最高でした
前の記事: 北海道の「桜まつり」はGWに開催されます

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.