67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

雨の日は家に籠ってパンを焼く

2016.05.07

GW終盤の土曜日は、朝から天気がイマイチ。

晴れていたら「狩勝高原」の梅でも見に行こうかと思っていたのですが、今日は家で大人しくしておくことに。 そんなわけで、昼ごはんは少し手の込んだものを作ってみようかと。 昨日、頂いた「コゴミ」が残っていたので、それを調理してみます。

「コゴミ」はアスパラに似ていると思ったので、グラタンにしてみました。

まず、「コゴミ」は切らずに塩茹でしておく。
フライパンにオリーブ油を垂らし、刻んだニンニクを弱火で香りだし。
そこに微塵切りのタマネギを追加し、よく炒める。
挽肉を追加し、下味の塩を少々ふって炒めます。

トマト缶、白ワイン、バルサミコ酢、塩を追加し煮詰めます。
塩茹でした「コゴミ」を適当な大きさにカットし、追加。
茹でたパスタを追加し、よく絡めます。

耐熱皿に移して上からチーズを振りかけます。
250℃のオーブンで10分程焼いたら、「コゴミのトマトソースグラタン」の完成です。

美味しい。

ただ、トマトソースの味に「コゴミ」は少し負け気味。 それでも、口には爽やかさが広がります。 あえていうならば、パスタの量が多くて、グラタンぽくなかったです。チーズの量も少なかったですし。 これはぼくの失敗。

次は気を付けます。

そして、午後からは、久しぶりのフランスパンを焼いてみることに。

実は午前中にお出かけをしていまして、行先は町内にある「瀬戸内商事」さん。 前から行きたかったお店なのですが、いつも閉まっており、パン焼き用の小麦粉は買えずにいました。 なんでも、午後は配達に行ってしまうので午前中に行く必要があるとか。 そんな情報をキャッチしたので、午前のうちに行ってきたわけです。

この「瀬戸内商事」さん。元々は四国の香川県でうどんのプロをされていた方が営まれてるお店。 新得そばを買えるお店ですが、北海道産のおいしい小麦粉が割安で買えるお店でもあります。

今日は、パン焼き用の強力粉「キタノカオリ」を1kgと、嫁さんが作るクッキー用の薄力粉を500g購入。
その場で袋詰めして売ってくれるのが、なんだか嬉しいです。

参考: 瀬戸内商事 | そば | 買う | 北海道新得町観光協会

昼食後、さっそくパン作りを開始。

粉:450
水:315
塩:9
菌:4.5

一次醗酵:1h×3 温度は室温の23℃くらい
二次発酵:0.5h

参考: フランスパンの作り方 | 67 PHOTO

香り重視のパンにしたいので低温気味の醗酵でいってみます。

完成したのは夕方。
変なところで破裂してしまいましたが、中々の出来栄え。
せっかくなので撮っときました。

フランスパン

と、いうわけで、夜ごはんはフランスパン。
それにエビカレーを付けておきました。
付けるタイプのカレーパンです。

美味しい。

パンのフレーバー量も申し分ないです。
中はふわっふわですし。こども達はカレーを付けずに食べてますし。
大きなフランスパンでしたが、あっという間になくなりました。

美味しい小麦粉を売ってくれる「瀬戸内商事」さん。
今後、通うことになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 記録 | 筆者: kenji  | 年月日: 2016/05/07

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 北海道の「桜まつり」はGWに開催されます
前の記事: 頂いた山菜は「天ぷら」にすると幸せになれます

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.