67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

写真 #001 - #010

20

写真に惹かれる領域

ボッチ耐性は強い方で、長いこと誰かと話さなくても、不安になったり苦痛に思うことも無かったりします。 と言いますか、寂しさのストレスがどんなものか未だに知りません。 今でこそ結婚をして子供が3人もいるのですが、独身でひと...  続きを読む


19

35mmパトローネの「アイテム感」

今でこそ中判でしか撮らなくなりましたが、あの頃のメインカメラは35mmフィルム。 36枚撮りのISO100ネガフィルムがお気に入りで、観光地や家の近所で多く撮っていました。 10年以上前のことですが、そのスタンスは今と...  続きを読む


18

フィルムカメラと「置いてけぼり」

技術革新のスピードは速く、気が付くと自分が「置いてけぼり」なことも。 PCやスマホを新調したいとき、ネットで少し情報を集めると、自分は「置いてけぼり」だなと思います。 「ハイエンドのPCも3年経てばただの箱」とはよく...  続きを読む


17

組写真なプロフィール

PCを使っているので「ウイルス」には注意していましたが、「ハッキング」はどこか別世界のことと思っていました。 もちろんウイルス対策は万全ですし、ハッキングに対してもファイヤーウォールが機能してくれているだろうと。 ただ...  続きを読む


16

写真はアートであってほしい

ひとり暮らしをはじめたとき、自然と減ったのはテレビの時間。 結局のところ、なにかと自由を制限されていた実家の「多人数暮らし」だと、テレビは重要な娯楽と成りえるのですが、 ひとり暮らしをはじめると、他にやれることが多く...  続きを読む


15

フィルム使いの考えるデジタルカメラの不安なところ

娘はもうすぐ4歳になります。 歳だけをみれば、あれから長い月日も経ったなと、そう思えるのですが、同じ時期に購入した7人乗りのクルマには未だに愛着を持てず、あまり長いこと乗っている実感は無かったりします。 その理由は...  続きを読む


14

写真の構図とパーソナルスペース

ぼくのパーソナルスペースは、他の人よりも広いと思っています。 一般的に、他人に入って欲しくない自分周りの範囲は、知らない他人との会話の場合、およそ1.2〜2mの距離があるのだとか。 それも親しい人の場合は、もう少し距離...  続きを読む


13

カラーには無い「モノクロ」の良さ

「色を捨てた写真に残るものは?」と、いつもその方向からモノクロを考えてしまいます。 グラデーションだったリ、コントラストだったリ、いろいろとモノクロの良さは思い浮かぶのですが、結局のところ、カラーではない「モノクロの...  続きを読む

12

「フィルムで撮ってます」という言い分け

苦労をした分だけ良い画が撮れる気がします。 手持ちで撮った写真よりも、わざわざ三脚を立てて撮ったものの方がよく見えることも多いです。 それは苦労した分だけ、精神的な補正がかかっているのか? それとも、比率的に見慣れていな...  続きを読む


11

写真の自信と誇りと納得感

「好きな教科は?」と聞くと、テストで良い点数をとれる教科を答えるこどもは多いです。 「好きな教科だからテストで良い点数をとれる」。「良い点数をとれるから好きな教科」。そんなふたつの「好きな理由」があると思います。 それ...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.