67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

ぼくとPENTAX67の関係性

フィルム写真

上の写真は山口県の秋芳洞で撮ったもの。

平日の朝なので、メジャーな観光スポットでも人はほとんどいなくて、三脚を立てての撮影も気兼ねすることはなかったけれども、 お目当てにしていた鍾乳洞の写真はイマイチ。 やっぱり狭い場所に三脚を立てると心は落ち着かないもので、焦って撮ってしまったりも。 ただ、秋芳洞には広い場所もあって、そこでは普通に撮れました。

そんな写真が上のもので、お気に入りの1枚だったりもするのです。

写真リンク: Underground lake l 67 PHOTO

ただ、PENTAX67に三脚は似合わないなと。

やっぱり、フィルムは横送りの、プリズムでアイレベルファインダーとしたレフレックス機は「手持ち」が似合います。 PENTAX67は生粋のフィールドカメラだと。 プリズムを外してウエストレベルでも撮れるけど、あのフォルムは手持ちが一番しっくりくると。

6月6日は「66の日」。

66のフォーマットサイズから「中判カメラの日」のニュアンスもあるけれど、ぼくの中では翌日の6月7日が「中判カメラの日」。 66のスクエアフォーマットも好きだけど、それ以上に67フォーマットが好き。 中判カメラへ移行する前は35mm判で撮っていたので、最初は違和感しかなかったのですが、 慣れてしまえば16:9の方に違和感を覚えるしまつで、デジタル機でも67フォーマットと同じアスペクト比の4:3を選んでしまいます。

中判カメラと言えば66フォーマット。
中判カメラと言えばウエストレベルファインダー。

そんなイメージは、きっと、ハッセルブラッドや2眼レフ機から来るもので、三脚も似合うと。 そんなカメラをフィールドで使うから、またかっこいい。 ぼくがハッセルブラッドに憧れるところは、レンズの性能以上に、そんなところもあるのかなと。

そこへいくとPENTAX67は中判カメラの中では異質な存在で。 そこにアイディンティティを感じている部分もあるけれど、つまるところ、ぼくがPENTAX67を使い続けている理由は「使い続けている」から。 ただ、「しかたなく」ではなく、かといって「信頼できるから」でもなく。 きっと、ぼくの中にある写真の基準がPENTAX67だからなんだろうなと。

思えばPENTAX67を半年(2018年前半)も使ってないけど、代わりのGR2で撮ってるときは、ほんとうに「代わり」で、基準は今でもPENTAX67。 仮にデジタルのフラグシップ機を手に入れても、きっと、その基準は変わらないと。

その基準は変えた方が、いろんな意味で楽なんだろうけど、いろんな意味で「変えられない」というのも事実で。

まあ、そこは深く考えずにこれからもゆるく付き合っていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/06/07

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 捨てたいもの
前の記事: 今のカメラが近い将来「オールドファッション化」する理由

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.