67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

料理の写真を撮るときに苦労すること

フィルム写真

上の写真は、自宅で作った餃子を撮ったもの。

前々から気になっていたのは、餃子の一番美味しい調理法。 それを確かめるために、この日は家で、皮も含めて自作の餃子を作っていました。

参考: 焼き?茹で?揚げ?餃子の一番おいしい食べ方は?

結局、一番に美味しかったのは焼餃子
ただ、一番に写欲が湧いたのは生餃子。

そんなわけで、焼く前の餃子の写真も、お気に入りの一枚となったわけです。

写真リンク: Gyoza l 67 PHOTO

そんな料理途中の写真ですが、意外と撮影は苦労するもの。

手は汚れていますし、調理工程が忙しいと、撮影タイミングもとれません。 ですので、上の写真は餃子の具を皮に包んでいる途中に撮ったものですが、実は、その撮影タイミングも最初から決めていました。 おそらく良い画になるだろうというタイミングを。 そして、この「撮影タイミングを最初から決めておく」ことが、料理写真を撮るうえでは大切なことだと思うのです。

もし、最初に撮影のタイミングを決めておかないと、料理の段取りもあるので、場合によっては撮り逃してしまう恐れも。 餃子の調理工程は、そんなに時間に追われることもないので、特に神経を使うこともないのですが、他の料理では少し話も違ってきます。

例えば、家族が待っている「夜ごはん」。その調理時に、複数ある自作料理の中で1品だけを撮りたいときは、 調理工程の中にその撮影のタイミングを、きっちりと組み込んでおかないと、おそらく撮りそこねてしまいます。

100%撮影目的で料理を作るのなら、そこまで決めておかなくとも良いとは思うのですが、 撮影以外に「食べる」という目的も兼ねているときは、料理が冷めてしまったり、複数ある料理を出すタイミングに大きな時間差があっては困るもの。 そう考えれば、やはり調理工程の中に撮影のタイミングを決めておかないと、気持よく「食べる」ことができなくなると思うのです。

調理工程の中に撮影のタイミングを組み込む。

そんな芸当を身に付けるには、やはり慣れが必要。 それは、料理写真の撮影に慣れることも大切ですが、それ以上に、複数の料理を同時に調理することに慣れることが大切なのかと。 それは、単に料理が好きで、趣味で作るだけでは身に付きにくいスキル。 家族や客人に料理をふるまわないと身に付かないスキル。 身に付けるには、日常的に予定調和を辿る必要があるのかと。

調理時間の異なる複数の料理を、ほぼ同時刻に完成させる。 そんなスキルがあれば、その調理工程の隙間に撮影時間を組み込ませることも容易。

そう考えれば、家の「ごはん係」も、「良い写真」に近づく糧になっていると、そう思いたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/12

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「別クラスタの人の捉え方」を気にする
前の記事: 「そこそこ好きなこと」を続けられる方法

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.