67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

自分を知りたいのなら人が集まるところへ

フィルム写真

上の写真は、和歌山県は紀伊半島の先端にある「橋杭岩」を撮ったもの。

前日は近くの道の駅で車中泊。そして夜明け前に現地へ到着。 薄暗い中、沖合に見えるのは不自然に整列した奇岩群。 辺りが徐々に明るくなるにつれて、その存在感も増していきました。

そんな夜明けの「橋杭岩」の写真が、お気に入りの一枚となったわけです。

写真リンク: Morning glow l 67 PHOTO

この「橋杭岩」は、知る人ぞ知る有名な写真スポット。

その人気の秘密は、単に景観が良いこともありますが、それ以上に「撮影の手軽さ」にあるのかと。 そこは国道沿いの街中ですし、すぐそばに無料の駐車場がありますし、なにより道路からベストショットを狙えるので、本当に「お手軽」。 普通、写真に収めたくなるような絶景は、人里離れた山奥にあったり、徒歩で長く歩かないと行けない場所だったりするので。

ですので、朝焼けの時間帯となれば、道路のガードレールと並行するように、多くの三脚が立並んだりするのです。

ぼくは、いつも誰もいないような場所で撮るので、そんな場所で得られる感覚は新鮮で、少しの恥じらいも感じるのですが、 同時に、そこで写真を撮ることに対して疑問を持ってしまいました。

大人数で、同じ被写体を、同じ場所から、同じ時間帯に写真を撮る。
そんなことに自分も参加する「意味」を考えてしまいました。

結果から言うと「有り」だと。

そもそも、同じ条件で、仮にカメラもレンズも同じでも、撮る人が違えば違う写真になるもの。 たしかにぼくは中判リバーサルで撮っていたことを除いても、境界をコントロールできる大型のハーフNDフィルターを使っていましたし、 同じ被写体でも構図は他の人と、「ズレ」も含めて僅かに違うと。

ただ、その僅かな違いが写真の良し悪しに関わって来ますし、撮影者の個性に繋がるものかと。

そう考えれば、「橋杭岩」のような同じ条件の場所で、多くの人が同時に撮っても、同じ写真は生まれないのかと。 それを証明するように、Webでは様々な「橋杭岩」の写真が溢れていますが、どれも別もの。

それは有名な写真家さんのものから、高価なカメラで撮られたものまで。 それはカメラに限らず、撮り方や個々の写真論を含めた「幅広い作例」のようで、見ているだけでたのしい。

それらと自分の撮った写真を見比べてみる。
それは自分の個性を知る最良の方法かと。

その意味でも、有名な写真スポットで撮ることは大切だと思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/11

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「浸る」という景色の使い方
前の記事: 写真におけるマナーと配慮の本質

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.