67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

Webとスマホと写真の大きさ

フィルム写真

サイトまで作って写真を公開しているので、そこそこは閲覧者のことも考えていたりします。

見てもらうために、見やすいように、見られたいように。 そんなことを考えているときは、表現者というより、発信者な自分がいます。 基本的に写真に関しては前者と思っているのですが、そのときだけは後者に。 なんだか自分らしくないとも思うのですが、そんな目線で考えてサイトを構築するのもまた楽しかったりするのです。

サムネイルの並べ方、バックグラウンドの色、テキストの配置。

写真の一覧表示でも、ある程度の閲覧感を得られるようにしました。 次々と写真を見てもらうために、写真をクリックすることで次に進められるようにしました。 ページの背景食は「黒」にしたかったのですが、サイトのイメージは明るくしたかったので、少し工夫しました。 写真の説明文は簡潔にして、コンテンツの一部分として見てもらえるようにしました。

そして写真の大きさはデータサイズを考慮したものにしました。 そもそも今の時代、Webの閲覧の主流はスマートフォン。小さなモニタで見ることを前提としてサイトを構築した方が効率がいい。 そのため、写真の大きさも、データ量の少ない、少し小さ目のものにしていました。

ただ、少し閲覧者のことを考えすぎていたと、最近は思うように。

そんなわけで、少し写真サイズを大きくしました。 長辺が「1024px」だったのを「1280px」まで拡大。 それに伴い画像縮小のアルゴリズムの設定を少し変えたので、以前の写真と少し雰囲気が変わってしまったかも知れません。 それを直すことは今後の課題なのですが、とりあえず写真の大きさを変えられて、ぼくは満足しています。

スマホの画面では分からない変化。

そのために時間を割くことは無駄だと思っていたのですが、やってよかった。 やっぱりぼくは発信者より表現者の色が強かったみたいです。

そんなわけで、よかったらデスクトップの大きなモニタで見てもらえたら嬉しく思います。

参考: Photography | 67 PHOTO

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/11/20

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 壁の写真と日々の暮らしの関係性
前の記事: 「中判の絞り開放」はフィルムの武器

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.