67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「smc PENTAX67 105mm F2.4」という標準レンズに振り回される

フィルム写真

撮りに行く前の「持っていくレンズ選び」は悩むところですが、楽しかったりもします。

ズームレンズなら迷うことも少ないのかも知れませんが、ぼくの保有レンズは全てが単焦点。 しかも中判カメラなので、その一つ一つが重量級。そのため基本的には毎回ひとつの単焦点レンズしか持っていきません。 ですので毎回悩んでしまうのです。

目的の被写体に合わせた画角のレンズにしたり、そのときに欲しいと思った写真から逆算したり。 広角系のレンズを多用した後は、望遠系のレンズのMyブームが押し寄せたり。その逆もしかり。 悩みのタネは尽きることがないのですが、その揺り戻しで落ち着くところは、やっぱり標準画角のレンズだったりします。

smc PENTAX67 105mm F2.4

67中判である「PENTAX67Ⅱ」で標準画角となるレンズの焦点距離は、およそ105mm。 35mm判の標準レンズの焦点距離はおよそ50mmなので、約2倍の長さです。 一般的に標準レンズは安価でも明るいものが多いですが、この「smc PENTAX67 105mm F2.4」も同じで、PENTAX67レンズ群の中でも一番明るいF値となっています。

「F2.4で明るい?」と思ってしまいますが、中判レンズの方では明るい方。ファインダー視野の明るさは「F2.4」なのですが、ボケ具合はイメージサークルの面積が35mm判と比べて4倍なので、2段階絞ったものと同等。 つまり35mm判の「F1.2」と同等のボケ具合を作れるということ。そう考えれば明るいレンズかと。

このレンズの癖は「ソフトな描写」。開放で撮ると顕著に現れますが、F8辺りで撮ってもその片鱗は消えません。 そんな描写が好きで、このレンズ使っている人もいるそうです。

また、最短撮影距離が長かったりします。その長さ約1.0m。 ですので接写は難しい。それでも寄りたいときはあるので、接写リングをカメラバックに常備していたりもします。

陸別町
北海道 陸別町



柳ヶ瀬
岐阜県 柳ヶ瀬



万博記念公園
大阪府 万博記念公園



港区
東京都 港区



天王寺区
大阪府 天王寺区



利府町
宮城県 利府町



河内長野市
大阪府 河内長野市



各務原市
岐阜県 各務原市



仙台市
宮城県 仙台市



神戸市
兵庫県 神戸市



左京区
京都府 左京区



結局、行きつく先は「標準レンズ」。 そう思う一方で、難しくて他のレンズに逃げ出したくもなります。 でも、そうやって広角系や望遠系に走った後でも、必ず「標準レンズ」に逆戻りし、そして毎回いつもの繰り返し。

いろいろ思うことはあるけれど、それでも標準レンズは気持ちいいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji | 投稿日: 2017/■■■/■■■

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「ありのままを再現する」という方法
前の記事: 「歪」も一周まわれば「きれい」に見える

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.