67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

色に困ったり癒されたり

フィルム写真

フィルムとデジタルの優劣を考えたとき、「色の再現性」を思い浮かべてしまいます。

レタッチはもちろんのこと、RAW現像で調節できる幅は、アナログ環境でのそれを超えているのかと。 ただ、ぼくら凡人がそれを完全に操ることは難しく、結局、軽く触るか、もしくは勘や運に頼って適当にいじるか。 なにより慣れていないと、記録性を無視した強いファンタジー色の写真に自分が酔ってしまい、ゴールを見失ってしまいます。

それはフィルムの「デジタルスキャン」にも言えることで、RAW現像には及ばないものの調節できる幅は割と広い。 ですので、光源の色温度の違いを打ち消す補正もできますし、彩度やコントラストを上げることも可能。 フォトショップでレタッチするのではなく、「フィルム」というデータから画像ファイルを作るときに調節するので、画像細部の劣化もありません。 ただ、完全に操ることは難しいです。

全てをアナログ環境で仕上げるにしても色の調節には幅があるらしく、 フィルターワーク、現像、プリントと、その調節方法はいろいろとあるようなのですが、やはり完全に操ることは難しいみたいです。

つまるところ、フィルムでもデジタルでも「色の再現性」で悩むことになるのです。

ヒトの眼で見た景色を再現するのか?
それとも自分の表現したい画にするのか?

必要なければモノクロにすればいいのですが、雑多に撮っていれば色が欲しいときもあります。 そんなとき、自分のゴールを明確にしていないと彷徨ってインパクトのある写真を答えとしてしまう。 それもありだとは思うのですが、そうして作られた写真は、ぼくは飽きてしまうことが多いです。

いまのところ、ぼくのゴールはポジフィルム上の色の再現。 でも、完全に再現することは出来ないので、部分的に色の再現を、仕方なく諦めることは多いです。 優先させたい部分は、メインの被写体、もしくは青空。

ただ、そんな写真が好きだったりします。
妥協ではなく、積極的に作りたい写真だったりするのです。

ですので、ぼくの目指す写真はヒトの眼で見た景色とは違うもの。
だからといってファンタジー感を強くするのではなく、そこは極力弱く。
この先も、そんな写真を作っていきたいです。

なんにせよ、写真をやっていると、色に困ったり、癒されたり。
ほんと大変です。

参考: 今のうちに「ポジフィルムの原板」を見ておいた方が良い3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji | 投稿日: 2017/09/17

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 写真を見てほしい
前の記事: 写真をやっているとカメラを持たない散歩も楽しい

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.