67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「ポジフィルム調」を演出する黒縁

デジタル環境の「写真の作り方」は日々進化しているかと。

RAW現像が必須と思っていたデジタル写真ですが、より簡単に「エフェクト」をかけて写真を完成させる方法もメジャーなやり方に。 ただ、使える「エフェクト」も多く、選ぶのも大変そうなのですが、皆がどうしているのか? 気になるところです。

そんな「エフェクト」の中には、「ポジフィルム調」というのもあるらしく、それを使うとポジフィルムで撮ったように見えるような、見えないような。 それはきっと、ポジフィルムをデジタルスキャンした画に近寄せる「エフェクト」で、ポジ原版の画を元にしているのではないのかと、思っていたりします。

結局のところ、「ポジフィルム調」は、シャドウを締めてコントラストを高くし色を濃くしているのかと。特に青色。 詳しくは分りませんが、そこら辺で「ポジフィルムっぽさ」を演出しているのだろうと。 そして、なんとなくですがナチュラルカラーの「PROVIA」を参考にしているのかなと、思っていたりもします。

考えてみれば、そんな「エフェクト」が生まれるほど、ポジフィルムの画には特徴があるのかも知れません。 特に中判サイズのポジ写真は個性的で、そこも惹かれるポイントだったりします。 そして、そんな特徴のあるポジフィルムの画には、黒い背景色が似合うと思っています。

ぼくの好みが「黒い背景色が似合う写真」ということもあるとは思うのですが、割かしポジフィルムで撮られた写真は、シャドウ側が引き締まった写真には、黒い背景色が似合う傾向にあるかと。 「ポジフィルム調」で仕上げられたデジタル写真も、その傾向はあると思います。

そもそも、ポジフィルムの原板は「黒ふち」ですし。 そこに刻まれた「RDPⅢ」等のフィルム情報や「コマ数ナンバー」も良いアクセントになっていますし。 その意味では、ポジフィルムの原板は完成された「写真」ではなく、額に入った「作品」の一面もあるかと。

そう考えれば、「黒ふち」を入れることも、「ポジフィルム調」を作るエフェクトなのかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji | 投稿日: 2017/07/22

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: フィルム写真が人気な理由とポジフィルムが不人気な理由
前の記事: カメラかばんのお気に入りは「DOMKE」

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.