67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

カメラかばんのお気に入りは「DOMKE」

フィルム写真

大きなPENTAX67をたすき掛けしていると、たまに知らない人から声をかけられます。

カメラのことを色々と聞いてくる人、「自分も使ってたよ」という人、「デジタルは便利だから早くフィルムは辞めた方がいい」と軽い説教をはじめる人。 正直、カメラをたすき掛けしているときは頭が写真モードになっているので、話しかけられると困ってしまうのですが、それでもPENTAX67に興味を持つ人がいると分ると、少し嬉しくもなってしまいます。

それなら常にたすき掛けをしていればいいのかも知れませんが、それはさすがに移動の邪魔。 Leicaのようにスタイリッシュなフォルムなら、ファッションの一部にも成りえるのですが、PENTAX67は大き過ぎかと。 なにより、レンズを付けたカメラをたすき掛けしていると周囲には危険で、常に注意しなくてはいけず、それが大変だったりします。

そんなわけで、お出かけの際、基本的にカメラは「かばんの中」だったりします。 ただ、大きなPENTAX67を入れるため、かばんも大きなものに。 所有しているレンズは全て単焦点なのですが、あまり複数のレンズは持ち歩かない派。 そのため、かばんにはレンズを装着したカメラをひとつ入れるだけなのですが、それでも大きなかばんでないとダメだったりします。

愛用しているのは「DOMKE」のF-2。
たすき掛けできますし、クッションも入っていますし、フォルムもかっこいいですし。
300mmレンズを装着したPENTAX67も、そのまま入れることができます。



なにより、長期間の使用で生まれた「擦れた感じ」も「DOMKE」には似合います。 それが好きで新品の「DOMKE」をやすりで擦る人もいるとか。 さすがにぼくはそこまでしませんが、古くなっても味のある「DOMKE」が好きだったりします。

このかばんにPENTAX67を入れておけば、知らない人から声をかけられる心配はないと。 そう思っていたのですが、一度だけ話かけられたことも。 その方も「DOMKE」が好きなんだとか。

「限定色のF-2良いですよね!写真やってるんですか?」。

なんにでも、どこにでも、好きな人はいるみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji | 投稿日: 2017/07/19

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「ポジフィルム調」を演出する黒縁
前の記事: 写真に惹かれる領域

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.