67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

カラーには無い「モノクロ」の良さ

フィルム写真

「色を捨てた写真に残るものは?」と、いつもその方向からモノクロを考えてしまいます。

グラデーションだったリ、コントラストだったリ、いろいろとモノクロの良さは思い浮かぶのですが、結局のところ、カラーではない「モノクロの良さの本質」は分りません。 ただ、基本的に人の眼は「色付きで世界」を捉えているので、いつもカラー写真を基準にして考えてしまいますが、おそらく、色も写真を構成する要素のひとつに過ぎないのかと。

そう考えれば、「写真は引算」と言われているので、写真の基本はモノクロで、必要なときにだけカラーにすれば良いのかと思ってしまいます。

その必要性の基準も難しいのですが、カラー写真を後からモノクロ化したとき、しっくりきたら色は必要ないのかと。逆に、モヤモヤ感が生まれたら、その写真には色が必要だったのかも知れません。 もちろん、色が無いと判別できないことを記録したり伝えたいときは、写真の良し悪し以上に必須となるとは思うのですが、 そうでない場合は、カラーとモノクロを比べることで、その写真に色だったかどうかが分かると思っています。

ただ、カラーとモノクロでは撮るときに決める構図が変わってくるので、その影響で、後からカラーをモノクロ化したときにも、モヤモヤ感は生まれてしまいます。 ぼくは構図を考えるとき、基本的にはモノクロ的に「線」や「面」、「ワンポイント」の配置バランスをとるのですが、カラーの場合は、フレーム内の色の配置バランスも考えている気がします。 そうして撮った写真は、色を無くしてしまうと配置バランスは崩壊気味に。 ですので、色が重要な要素では無いにもかかわらず、モノクロ化でモヤモヤ感が生まれる写真はあると思うのです。

あと、色が重要だからこそ、無くして生まれる良さもあると思います。

明るいレンズの「ぼかし」や望遠レンズの圧縮効果、広角レンズのパースの効いた写真、魚眼レンズの歪み、スローシャッターの被写体ブレ、HDRなどなど、 そんな撮影方法で「人の見る景色とは違う世界」を見せてくれる写真は、忠実な記録とはならないものの、見る者の心は動かします。 それは、日常に忠実な「リアル」を撮った写真ではなく、少し「ファンタジー」を含ませた非日常な世界を映した写真なのかも知れません。

そんな非日常な世界を表現する方法のひとつとして、「モノクロ」はあると思います。

ただ、それらも「モノクロの良さの本質」とは違う気がします。 でも、本質の分からない「不思議な良さ」があるからこそ「モノクロ」は楽しいと思えるのかと。

そこが一番の「モノクロの良さ」なのかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 写真 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/03/31

「写真」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 写真の構図とパーソナルスペース
前の記事: 「フィルムで撮ってます」という言い分け

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.