67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「支援者」は子供の将来の夢【polcaお礼記事】

幼い頃に見ていた「スーパー戦隊シリーズ」も、親になると再び気になる存在に。

勧善懲悪のストーリーと、毎回お決まりのシナリオ展開で飽きてしまうのか、歳が二桁になる頃には見なくなっていました。 そして大人になり子供が生まれると、食卓のテレビに映りだすのは懐かしいそれ。 ただ昔の頃とは少し違い、勧善懲悪のストーリーは相変わらずなのですが、毎回のシナリオ展開に、強い「型」は見受けられず。 ついつい子供と一緒になって見入ってしまったりもします。

そこへいくと「スーパー戦隊シリーズ」と同じ時間帯で放送されている「仮面ライダーシリーズ」のストーリーは勧善懲悪から少し離れたもの。 ときには仲間だったライダーと敵対することも。キャストの並びも少しだけ大人向けな気もします。 そんなわけで、あの時間帯はテレビに拘束されることが多かったりするのです。

なんだかんだいって、大人になってもテレビの中のヒーローは憧れの対象なのかも知れません。 勧善懲悪のストーリーも、偽善といえば偽善で、つっこみ出せばきりがないのですが、直感的には気持ちの良いもの。清く正しく真面目に努力した者が報われる世界観ですし。 それを素直に良いと思えないのは、そうではない社会を見過ぎて、それを諦めてしまった自分を否定されている気になるから、なのかと。 そう考えても勧善懲悪のストーリーは、子供だけではなく大人にも、本質的には気持ちの良いものだと思うのです。

少し話は変わりますが、「子供の将来の夢」のトップ10に入る職業は、大人になっても憧れていることが多く、諦めて夢ではなくなったものが多いと思います。 「YouTuber」や「プロスポーツ選手」はメディアの露出も多く、身近に感じられるヒーローで、大人になっても憧れている人は多くいるのかと。 そして、もっと幼い子に「将来の夢」を聞けば「戦隊ヒーロー」や「仮面ライダー」の名前が出てくることも、しばしば。

結局のところ、幼児や子供、大人に関わらず、カッコいいと思った存在はいつの時代も「憧れの的」かと。 ただ、フィクションだと知ったり、現実的ではなかったり、裏を探って「偽善」と思ってしまったり、そうすることで将来の夢ではなくなっていくのかと思います。

逆に考えれば、「子供の将来の夢」とは、その子が身近に感じる「憧れの的」なのかも知れません。 サラリーマンや公務員は現実過ぎて、大人っぽい「現実的な将来の夢」であり、「憧れの的」ではない気もしますが、案外、お父さんが身近なヒーローな場合、その職業に憧れる子供がいても不思議ではないかと。 ぼくの住んでいる町に限ったことかも知れませんが、酪農をやっている家の子供たちは、「父ちゃんカッコいい」と言い、将来の夢は「酪農家」な子供も少なくないそうです。

まとめて考えれば、大人でも直感的に「カッコいい」と思った職業は、露出さえ多ければ「子供の将来の夢」のトップ10に入ると思います。

そして、ぼくが最近カッコいいなと思ったのは、ネットの中の支援者さん達。

先日、poicaというサービスでフィルム代の支援を募ったのですが、数人の方から資金提供を受けました。
支援してくれたのは有名なインフルエンサーの方達。
本当にありがとうございました。

その方達は多くの人を支援されていたらしく、その中にぼくもいたわけです。 媚びを売るつもりはありませんが、そんな不特定多数の顔も知らない他人に支援をしまくる姿に「カッコいい」と思ってしまいました。 そんな支援に対して「偽善だ」という声もあるみたいですが、その議論は第三者に任せておいても、すくなくと当事者のぼくとしては、どうでもよかったりします。 単純に感謝と憧れの念を抱いてしまいました。

「支援者」は職業ではないのですが、もしかしたら数年後に「子供の将来の夢」のトップ10に入ってくるのかも知れません。

それにしても、頂いたお金は重いです。 昔、「貰ったお金よりも自分で稼いだお金の方が重い」という人が多くいましたが、それも貰った相手によるのだなと。 つまり、親などから貰ったお小遣いは軽くても、支援者から頂いたお金は重いと。 そして、「金は天下の回りもの」という言葉を思い出してしまいました。

ですので、頂いたお金は早めにフィルムに代えて、撮った写真はいつも通りですがサイトにアップするつもりです。

本当にありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 雑記 | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/09/13

自己紹介


Blog


人気記事

 
前の記事: プライドは高い方がいい
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.