67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

家ごはん #221 - #230

230

「生にんにく」は旬の味

北海道産の「にんにく」はおいしい。 うちの家ではイタリアンな料理が多いので、にんにくは欠かせないのですが、 帯広のスーパーへ行くとキロ単位で売られていて、中国産には負けるものの値段は安い。 そんな「にんにく」は北海道の...  続きを読む


229

【タモギタケ】原木しいたけ農家は他のキノコも作ってる

タモギタケを天ぷらにしてみました。 露地ものなので、ねんのため塩水で虫出し処理を。 衣は薄目に。油の温度は180℃。 過度に「からっと」しないように。 「天つゆ」ではなく「塩」で頂きました。 おいしい。 外はさくさく。 中は...  続きを読む


228

タラの芽は「天ぷら」で食べるだけでは勿体ない

北海道だとサクラの開花は5月になります。 ですので「タラの芽」の採れる時期もそのぐらい。 調度、5月の連休あたりで採れるというわけです。 それは十勝の新得町も同じで、この日も大量に採ってきました。 「タラの芽」といえば...  続きを読む


227

「しいたけのバター炒め」から考える『原木』...

原木しいたけで「バター炒め」を作ってみました。 傘は肉厚だったので、火が通りやすいようにカット。 最小限のサラダ油でじっくりと焼いていきます。 中まで火が通り、表面だけがカリカリになったら焼き上がり。 火を消し、バターを...  続きを読む


226

行者にんにくの食べ方、採り方、育て方

「行者にんにく」を採ってきました。 それは新得町に引っ越してきて直ぐのこと。 ただ、「行者にんにく」が何者かは分からず。 とりあえず「食べられること」と、「そこら辺に生えていること」は教わったので、とりあえず採ってきたと...  続きを読む


225

原木しいたけの「佃煮」を考える

原木しいたけで「佃煮」を作りました。 すこし濃い目の味付けで、ごはんも進む一品です。 加えた調味料は、醤油、味醂、砂糖、のみ。 いつも「出汁は入れるんだっけ?」と悩んでいた佃煮ですが、失敗を積み重ねた結果の答えは「入れ...  続きを読む


224

「原木しいたけのオイルパスタ」は手軽に作れて...

まずは水を張った鍋に火を点けることからはじめます。 少し多めの塩を加える。 沸騰を待つ間に具を作ります。 フライパンに垂らすのは多めのオリーブオイル。 微塵切りしたニンニクを弱火で炒めます。 しいたけは厚さ5mm程度に線切り...  続きを読む


223

ジャガイモの美味しい食べ方を考える

おいしそうなジャガイモを頂きました。 品種はマチルダ。しかもオーガニック栽培されたもの。 北海道の十勝地方で多く栽培されている品種で、煮崩れしにくく、糖分の含量が多い。 どちらかというと、男爵系ではなく、メークイン系に...  続きを読む


222

あの日のクレソン

その日、近所の直売所で買ってきたのは「クレソン」。 大阪に住んでいた頃、自宅は住宅街の中にあり、クルマが無くても生きていける場所だったのですが、あった方がいいとも思える場所でした。 普段の買い物や、大阪の中心地への移動...  続きを読む


221

ポップコーンはちょっと元気のいい「とうもろこし...

ポップコーンは「お菓子」だとは思うけど、自作すると立派な「ごはん」と思えます。 上の写真は、大阪に住んでいたとき撮ったもの。 乾燥してカラカラとなった「とうもろこし」は、ポップコーン用のものです。 道の駅で買ってみたので...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.