家ごはん #171 - #180 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

家ごはん #171 - #180

180

「原木なめこ」を食べてみました

お土産に頂いた「原木なめこ」。 「なめこ」といえば味噌汁しか思い浮かばないのは、いつも「菌床」のものしか食べていないためかと。 あれはあれで美味しいのですが、頂いた「原木なめこ」は形も大きさも別もの。 なんだか味噌汁で...  続きを読む


179

命をつなぐ薄力粉【手打ちうどん】

富士山の麓に住んでいたとき、雪の少ない年だと、3月で夏タイヤに履き替えていました。 スタッドレスタイヤだとクルマの楽しさは半減してしまうので。 ただ、根雪は解消されてもドカッと雪が降ることもある春先。 住んでいた河口湖町...  続きを読む


178

「イカゲソぱん」が美味しすぎたので自宅で再現してみた

関東、東北、北海道、そして関西と。 短期で地方移住を繰返したわけですが、その楽しさのひとつに「パン屋めぐり」がありました。 有名店からマイナー店、森や畑にぽつんと建つお店から住宅街の一角にあるお店まで、気になるお店は...  続きを読む


177

「しいたけの煮しめ」が子供に人気の理由

おせち料理は美味しいです。 けれども食べられるのはお正月のみ。 そんな縛りも、「もの」の溢れている現代においては頑固に守る必要もないのかと。 たしかにおせち料理には、いろいろと食物以上の意味があり、お正月には食べた方が...  続きを読む


176

【シューマイ】手作りしても美味しいとは限らない

餃子は何度も作ったことはあるのですが、シューマイはありませんでした。 餃子の方が100倍好きというわけでもなく、むしろ小さい頃はシューマイの方が好き。 今でも、実家へ帰るとき、母親から食べたいものを聞かれれば、迷わず...  続きを読む


175

それでも「春巻き」は作りたい

「春巻き」は好きなのですが、作る工程の長さから、あまり食卓にはのぼりません。 タネを作るのは楽なのですが、一度「冷やす」ことを入れているので、どうしても長い時間が必要。 ぼくの中のレシピでは6時間以上と決めています。...  続きを読む


174

黒豆を煮るときは「釘」も一緒に入れた方がいい

うちのこども達は「黒豆」が好き。 お正月に食べる「おせち」の中でも、「栗きんとん」と「だてまき」に並んで減るのが早いです。 その人気の秘密は、おそらく「甘さ」。ごはんとは思えないくらい甘い味付けなので、「おやつ」と勘違...  続きを読む


173

「栗ごはん」で感じる食欲の秋

秋に、農産物の直売所をのぞくと「栗」が置いてあることも多いです。 それを見ただけでも「収穫の秋」を感じることができるのですが、下処理の手間を考えると「栗」に伸びはじめた手も縮んでしまいます。 茹でるにしろ、焼くにしろ...  続きを読む


172

「牛すじと海老のトマト鍋」は美味しい

鍋は純和風の料理と思っていたけれど、思えばカタカナ系のものも多くあるわけで。 ポトフ風、アクアパッツア風、トムヤムクン風、カレー、キムチ、そしてスタンディングねぎ鍋。 そんなカタカナ系の中でも一番メジャーなのは「トマト...  続きを読む


171

「コンニャクのからあげ」のヘルシーな部分

コンニャクを適当な大きさに手でちぎり、 冷凍庫で凍らします。 それを流水で解凍し、 から揚げにしてみました。 まあまあ美味しい。 食感は「肉」に近い気も。 むしろ弾力は肉を超えています。 ただ、「鶏のから揚げ」よりもヘルシーかと...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.