家ごはん #061 - #070 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

家ごはん #061 - #070

70

山形県の郷土料理「ひょうぼし」を食べてみた

「ひょうぼし」は山形県の郷土料理です。 TVでは「食べられる雑草」として紹介され、その名前は一気に日本中に広まりました。 そんなわけで、ぼくの中でも山形に移住したら食べてみたい料理のひとつだったわけです。 山形に移住後...  続きを読む


69

家で焼肉のすすめ

カルビをメインにハラミとシマチョウ辺りは揃えたいところ。 ハツや牛タン、ミノ辺りは余裕のあるときに並びます。 卓上コンロはガスなので炭には劣るものの、鉄板系ではなく網焼き系のアイテムで焼けば店の味にぐっと近づく。 なによ...  続きを読む


68

「七草がゆ」を作れる余裕を

短い冬休みも終わり、明日から再び学校がはじまる、そんな日の朝食は「七草がゆ」でした。 クリスマスとお正月で、気の抜けた日々を送っていた小さい頃の冬休み。 最終日は少し憂鬱にもなり、最後まで堕落していたいのですが、それを...  続きを読む


67

関西で関東風の「お雑煮」を作った理由

お正月に食べるものと言えば「お雑煮」。 鍋に水を張り、薄切りにした鶏モモ肉と日本酒を入れます。 沸騰しないように煮込み、鶏モモ肉が柔らかくなったら味付け。 醤油と顆粒だしを入れ、刻んだネギも投入。 焼いたお餅の入った椀に...  続きを読む


66

クリスマスの日の「アボガドとシュリンプの...

色のある料理。 それは憧れなのですが、ときにはクリアしなくちゃいけない最低限のハードルだったリもします。 基本的にぼくはモノクロ的な料理が好きなのですが、それは白黒で地味な料理が好きというわけではなく、単色の濃淡がきれ...  続きを読む


65

クリスマスな日のローストビーフ

牛の塊肉を塩コショウで下味を付けて鉄鍋で表面を焼き固めます。 蓋をして1分くらい蒸し焼きにしてから火を消します。 40分くらいしたら肉を取り出し冷蔵庫で冷やします。 鉄鍋に残った煮汁に醤油、バルサミコ酢、砂糖を加えて煮詰...  続きを読む


64

ケーキの良し悪しはデコレーションで決まるもの?

「今年こそはケーキを作ろう!」と。 毎年、クリスマスの前になると、そう思うのですが、この年もやっぱり挫折。 ケーキだと、なぜか料理のようにテンションは上がらないのです。 そんなわけでこの年も、スポンジケーキの作成を嫁さん...  続きを読む


63

料理の失敗の本質

米粒のようなショートパスタは「リゾーニ」と呼ぶそうです。 お店で見かけたので買ってみました。 とりあえずトマトソースでグラタンに仕上げてみることに。 そして食べてみたのですが不味かったです。 ただ、リゾーニが美味しくなか...  続きを読む


62

水菜が手に入ったら「はりはり鍋」

水菜は5cm程の長さにカット。 鍋にカットした水菜を敷き詰め、その上に豚バラ肉を乗せていきます。 酒、砂糖、醤油をかけて煮込みます。 豚肉に火が通ったら水菜と調味料を追加。 後から入れた水菜がしんなりとしたら完成です...  続きを読む


61

烏賊をおいしく食べる方法

塩釜漁港市場で購入したのは烏賊。 鮮度の良い烏賊なので、できれば一番おいしい食べ方で楽しみたいもの。 生が良いのか、焼が良いのか、とりあえず色々と試してみました。 烏賊そーめん。 烏賊のゲソ焼き。 烏賊のトマト煮。 干して...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.