家ごはん #051 - #060 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

家ごはん #051 - #060

60

死ぬまでに一度は食べておきたい金華鯖

1匹の魚を市場で買うと、半日は遊べます。 この日、塩釜漁港の市場で買ったのは、三陸沖で穫れた「金華鯖」でした。 店員さんが言うには、生でも食べられる鯖だとか。 試しに捌きの途中で食べてみたのですが、それはもう本当に美味し...  続きを読む


59

【すき焼き】食材ではなく「調味料」を楽しむ

鍋に白菜を敷き詰めて、上に牛肉を並べていきます。 他の具材も適当に。 味付けは、砂糖、醤油、酒と味醂。 少し煮込めば「すき焼き」の完成です。 安い牛肉を使えば、割と普段の食卓でも並ぶことの多い料理かと。 そんな「すき焼き」は...  続きを読む


58

牡蠣はクリームシチューに合う具材

具材は大きめにカット。 沸騰しないように牛乳で煮込みます。 水分が飛ばないようにシャトルシェフで煮込み時間を稼ぎます。 薄力粉をバターで炒め、煮汁となった牛乳でのばします。 程よいかたさのデシャメルソースになったら煮込ん...  続きを読む


57

市販品のドレッシングとの付き合い方【シーザーサラダ】

鶏ムネ肉を塩茹でします。 中まで火が通ったら水で冷やし手で裂いておきます。 パプリカ、レタスと共に皿に盛付け。 市販のドレッシングをかければ完成です。 本来は「ロメインレタス」を使うそうなのですが、そこは普通のレタスで代用...  続きを読む


56

お店のサーモンカルパッチョを再現してみました

外で味を覚えて家で再現する。 それも料理の楽しみのひとつだと思います。 完全なコピーは無理なものの、似たような食材と調味料でなんとかしようと考えるのも楽しいです。 そして、そんな目線で外食するのが一番の楽しさなのかも知れ...  続きを読む


55

豆苗のキッチン栽培はめんどくさい

豆苗は食べやすい長さに切っておきます。 少し厚めに切ったニンニクと牛肉をフライパンで炒めていきます。 そこにタイミングよく豆苗を追加。 味付けは少々の味醂と醤油。 豆苗がしんなりとしたら完成です。 牛肉と豆苗のニンニク炒め。...  続きを読む


54

マグロユッケの美味しさは牛肉を超えない

マグロは細めに切っておきます。 漬けダレは醤油と砂糖に煮切り酒。 少し漬込み、ゴマ油を垂らせば完成です。 甘い漬けマグロ。 通常のものよりごはんの進む一品。 ゴマ油の香りもたまりません。 もちろん美味しい。 それは「牛肉ユッケ」...  続きを読む


53

栃木の「イモフライ」は美味しい

移住3回目の土地は栃木県でした。 そこでの美味しいものと言えば「宇都宮の餃子」。 そう思っていたのですが、実際に住んでみると他にもいいものがたくさんありました。 大田原牛、おとめミルク、佐野ラーメン。 そして、レモン牛乳...  続きを読む


52

カキフライでお腹いっぱいになる幸せ

自炊をはじめると、最初の頃は健康的な食生活を送れても、しばらくすると崩れがち。 それでも、少しだけ意識すれば、1週間くらいのスパンで、まあまあの食事バランスを保てたりします。 今日は肉の日で、明日は魚、そして明後日は...  続きを読む


51

「まかない」的な料理の美味しさは不思議

休日の昼ごはんや、仕事で疲れた日の夜ごはんは手抜き料理になることが多いです。 ただ、手を抜くと言っても「美味しさ」まで抜いてしまうのではなく、それなりのレベルは維持しようと思うのですが、 案外、いつもより美味しく出来...  続きを読む



<< 次の記事前の記事 >>


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.