67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

北海道で「良し」とされるカボチャは「ねっとり」ではなく「ホクホク」

北海道では「ホクホク」のカボチャが好まれているそうな。

良く言えば「ホクホク」、悪く言えば「パサパサ」。 本州以南では、ねっとり系のカボチャが好まれていると思うけど、北海道でのカボチャの良し悪しの基準は、少し違うらしい。 「粉ふきいも」や「栗」の食感と同じものが好まれるそうです。

ぼくは関東出身なので、どちらかというと、ねっとり系のカボチャが好き。 カボチャの煮物は、中まで汁が染み込み、箸で割ってもボロボロにならず、口の中ではペーストになる。 そんなカボチャが理想だったりします。

ですので、北海道で「良し」とされるカボチャの基準には、少々の違和感を覚えてしまいました。

残念な栗で作った「栗ごはん」。炭水化物の塊としか思えないジャガイモで作った「粉ふきいも」。 見た目はパサパサ。食べてもパサパサ。口の中は乾いてしまい、飲み物が欲しくなる。 そんなイメージを北海道のカボチャに持ってしまいます。

ただ、実際に食べてみると、そうではありませんでした。

たしかに「ねっとり」ではなく「ホクホク」なのですが、パサつかず味も深い。 どちらが上ということもないのですが、「ねっとり」にはない味の感じ方が「ホクホク」にはありました。 カボチャの質が良かったこともあるとは思うのですが、北海道の「ホクホク」カボチャも好きになりました。

調理方法を変えずに「カボチャの煮物」を作っても、北海道のカボチャだと「ホクホク」感を楽しめます。 ただ、ねっとり系のカボチャが嫌いになったわけでもなく、あれもやっぱり好き。

そんなわけで、「ねっとり」と「ホクホク」が同居する料理を作ってみました。

カボチャサラダ
カボチャサラダ。

ポテトサラダのカボチャ版です。 蒸したカボチャを「ゆでたまご」と共にマヨネーズで和えてみました。 カボチャは適度に崩して「ねっとり」感を演出。それでも大きめに切ったカボチャの中身は「ホクホク」。

おいしい。

「ねっとり」と「ホクホク」もいい具合に同居してくれました。 なによりカボチャがとても甘かったので、強いマヨネーズの味に支配もされず、とても上品な料理と思えました。

この「ホクホク」としたカボチャは、北海道産のカボチャが全てそう、というわけではないらしいです。 北海道の人達に向けて作るカボチャを、その好みに合わせて「ホクホク」にするそうな。 ですので、道外で買える北海道産のカボチャが全て「ホクホク」とは限らないそうです。

そんなことも知れて、ほんと北海道はおもしろいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/02/14

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
前の記事: 新得産の食材のみで作る料理は難しい

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.