67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

【タモギタケ】原木しいたけ農家は他のキノコも作ってる

タモギタケ

タモギタケを天ぷらにしてみました。

露地ものなので、ねんのため塩水で虫出し処理を。 衣は薄目に。油の温度は180℃。 過度に「からっと」しないように。 「天つゆ」ではなく「塩」で頂きました。

おいしい。

外はさくさく。
中はジューシー。
タモギタケの味も存分に理解できました。

このタモギタケ、探せば山で自生しているらしいのですが、この日食べたものは人の手で栽培されたもの。 とは言っても、おがくずを固めた菌床で栽培されてものではなく、原木で作られたもの。 そのため、「露地もの」というわけです。

原木しいたけを栽培していると、他のキノコも作ってみたくなります。

しいたけ栽培に使う原木は、日々の作業で頻繁に持ち上げるので、太すぎて重たいものは使わなかったりします。 人にもよりますが、直径が20cmにもなる原木には「しいたけ菌」も植え付けないことが多いです。 そんな原木は捨てることはもちろんのこと、薪にするのも勿体ないので、しいたけ以外のキノコ菌を植え付けて、森に放置するのです。

放置する環境は選ぶのですが、特にその後の手入れは行いません。完全に放置です。 それでもキノコ菌は原木を腐朽してくれます。そして、忘れた頃にキノコが生える。 この日食べたタモギタケも、そんな忘れた頃に生えてきたキノコだったりするのです。

ただ、多くの農家さんが栽培している「しいたけ」以外のキノコは「なめこ」。 「原木なめこ」はおいしく、栽培も比較的簡単。森の中に放置でOK。逆に動かしたらダメ。 収穫後の処理は少し大変ですが、そのおいしさを考えるとコストパフォーマンスはいいと思えます。

それでも、他のキノコにチャレンジしている農家さもいまして。 ぼくの知ってる範囲では、タモギタケ、キクラゲ、クリタケ、霊芝、などなど。

ちなみにぼくも「なめこ」の原木を保有しております。

まあ、こちらも遊び感覚でいっぱい作っていくつもりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/02/02

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「生にんにく」は旬の味
前の記事: タラの芽は「天ぷら」で食べるだけでは勿体ない

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.