67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

一口サイズのグラタンは「見栄え」もいい

実家で暮らしていたとき、いつもデリバリーのピザは「ダブルチーズ」でした。

一緒に暮らしていたおばあちゃんは大正生まれの人だったのですが、割とジャンク系の食べものが好きで、 夏休みになると、昼ごはんにピザをとってくれることも多かった。 そして、実際に電話で注文するのは母親でしたが、追加のトッピングでチーズを増量することも多かったです。

「おいしいから」と。

考えてみれば、実家での毎日の食事は、ジャンクとかけ離れたものでした。 ですので、たまのジャンクは、デリバリーのピザくらいは、ジャンク系に振り切っていたのかと。

そんなわけで、ぼくのなかにあるピザのイメージは、チーズで具が見えないもの。 そして、それはグラタンも同じだったりするのです。

チーズで具の見えないグラタン。

それでも特に問題はないのですが、写真に残すことを考えると話は変わってきます。 つまり、ぼくの作るグラタンは「写真映えしない」ということ。 そんなこともあるので、写真に残す目的でグラタンを作るときは、チーズを少な目にしたりもするのですが、 それだと少し負けた気も。

そんなわけで、少し違ったグラタンを作ってみました。

ナスのミートグラタン
ナスのミートグラタン。

素揚げしたナスの上にミートソースを乗せます。
チーズをふりかけてオーブンで焼きました。

おいしい。

まあまあ「見栄え」も良いかと。
グラタンぽくないけど。
チーズ勿体ないけど。

なにより、喜んだのはこども達でした。
とても食べやすかったみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/01/17

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: グラタンも写真映えする「耐熱性の平皿」は気に入らない
前の記事: 【失敗】たまごと鶏肉の料理を作ってみた

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.