67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「カボチャの中華あんかけ」は優しい料理

カボチャの中華あんかけ

餡掛け(あんかけ)は優しい。

味や口当たりはもちろんのこと、料理の外見を丸みを帯びた曲線に変えるので、それは冬の積雪がもたらすそれに似ていると思います。

この日は、蒸して潰したカボチャにかけてみました。
鍋で水、紹興酒、創味シャンタン、を溶かし沸かします。
仕上げの片栗粉は、少し固めの「あん」になるように。

おいしい。

少し、味に力の足りなかったカボチャですが、中華あんがそこをカバーしてくれました。 ホクホク感の中にある若干のパサつきも、同様にカバー。 むしろ、少し主張の強い中華あんを、カボチャがマイルドに抑えてくれたのかと。

良いコンビネーションを見せてくれた「カボチャの中華あんかけ」でした。

それにしても、「あんかけ」は便利です。
どんな料理にも上手く寄り添ってくれるので。
見た目もグッと上がりますし。

なにより、被写体的に最高です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/22

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 休日の朝はフレンチトーストがよく似合う
前の記事: シンプルの履き違えには気をつけたい

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.