67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「ビュッシュ・ド・ノエル」のデコレーションは難しい

毎年恒例の「今年は焼いてみようかな」。

この年のクリスマス前日も、そう思ったのですが、結局、嫁さんに頼むことになりました。 スポンジケーキは焼いてみたいのですが、失敗の許されない行事食な「クリスマス・ケーキ」だと、その責任の大きさに尻込みしてしまいます。

そんなわけで、嫁さんが焼いて、ぼくはデコレーションを担当。
そんな役割分担も毎年恒例です。

ただ、この年のケーキは「ビュッシュ・ド・ノエル」。

切株に見立てたロールケーキベースのケーキです。 このデコレーションは難しく、とりあえずフォークで「木目」を書いてみたのですが、 これは正解なようすなものの、その先がさっぱりわかりませんし、イメージもできません。

そもそも、デコレーション用の材料がありませんし。

あるものといえば、ロールケーキを作った際に生まれたスポンジのきれっぱし。 とりあえず、これを活用すると決めたものの、どう使えばいいのか? やっぱし、原木と言うことで「キノコ」がいいかと。

包丁でスポンジのきれっぱしを成形。
ビュッシュ・ド・ノエルの上に乗せてみました。

ビュッシュ・ド・ノエル
ビュッシュ・ド・ノエル。

キノコといいますか、これは「やじるし」。
そもそも陳腐すぎます。
一応、これが完成系。

かなしいかな、おいしい。


デコレーションの奥は深いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/22

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「酒かす」はおいしい調味料
前の記事: 鶏ムネ肉も味の付け方では高カロリー

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.