67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

鶏ムネ肉も味の付け方では高カロリー

30歳を越えると体重が増えだします。

それに加えて、簡単に減らなくなるので、アベレージ体重は増加の一歩。 1日1kg、3日で3kg、3kg増えて2kgは減らない。 20代のころに比べても、食べる量は増えてはないですし、むしろ減っているくらいなのですが、ほんと、第三次成長期と思えるほど体がふっくらしていきます。

ですので、毎日の食事にも気を付ける必要も生まれるのですが、ぼくの場合、歳をとっても「食の趣向」は変わらず、 裾野は広がったものの、基本的には未だに「魚よりも肉」だったりします。

そこでお世話になるのは「鶏ムネ肉」。

値段は安いですし、低カロリー高タンパクの安心食材。 その身は火を通すとパサパサになるのですが、薄力粉や片栗粉でコーティングしてあげるとジューシーな仕上がりに。 茹でればスープにとろみが付いて、焼いても衣のおかげで味が絡まりやすくなります。

鶏ムネ肉の炒めもの
鶏ムネ肉の炒めもの。

小麦粉を付けた鶏ムネ肉を焼いてみました。
味付けは、砂糖、醤油、オイスターソースです。
ごはんの進む「間違いない一品」かと。

おいしい。

濃い目の味付けなので、野菜と一緒に食べるのがちょうどいい。
食感もパサつかず、鶏モモ肉にはない味が楽しめます。
甘い味付けなのでこども達も大喜び。

ただ、砂糖とオイスターソースで味を付けたためカロリーは高め。
食が進むので、低カロリーでも多く食べれば高カロリー。

次は衣を着けずに塩ゆでして、わさび醤油で頂いておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/22

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「ビュッシュ・ド・ノエル」のデコレーションは難しい
前の記事: 「良い酒粕」を料理に使うと子供は酔っぱらってしまう

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.