67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「良い魚」は火を通した方が美味しい

サンマ

いつもは「塩焼き」にするサンマも、この日は「煮魚」にしてみました。

頭と肝を取り除いたサンマを丁寧に煮ていきます。
煮汁は、醤油と酒、かつおだし。
煮込まず、火が通ったら完成です。

そんな「煮サンマ」を食べてみたのですが、美味しいのだけれども、イメージしていたものとは違っていました。

「もしかしたら塩焼きよりも美味しいかも」との思惑もあったのですが、「煮魚」のサンマは至って普通。 両者を比べて、美味しい方を決めようとしても難しい。 つまり、どっちも不味くはないものの、ものすごく美味いわけでもありませんでした。

そもそも、ぼくの持っていたイメージは、漁港近くのお店で食べる、新鮮な魚を使った「煮魚」。 あまり好きではない「煮魚」なのですが、新鮮な魚で作る「煮魚」はおいしいと思えます。 メバルの煮つけとか最高。

考えてみれば、「煮魚」に限らず新鮮な魚を使った料理はおいしいわけで。 刺身で食べられる程のサバも、案外「しめサバ」にした方が美味しかったりもします。 カサゴのから揚げや、スズキのムニエルもいいですし。 鮮度が良く、本当に良い魚は、生の刺身で食べるより、火を通した方が美味しいです。

もちろん、生でしか得られない美味しさもあるとは思うけど、 それと同様に、火を通したことで得られる美味しさもある。 それは、知ってる人からみれば当たり前のことなんですが、ぼくはそれを知るまで時間がかかりました。

昔は、良い魚は刺身で食べることが常識で、火を通すことは勿体ないと、そう思っていたのですが、そんなこともなかったです。

まあ、そんなイメージで、スーパーに売っている冷凍ものの安いサンマを煮てみても、その味に裏切られるのは当然かと。 「塩焼き」でそこそこ美味しいサンマは、調理方法を変えて「煮魚」にしても、やっぱりそこそこの美味しさでした。

やっぱり美味しい料理は「良い食材」あってのものかと、そう思ってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/22

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「良い酒粕」を料理に使うと子供は酔っぱらってしまう
前の記事: ケンタロウさんの「レシピ本」は初心者にもお勧めです

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.