67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

ケンタロウさんの「レシピ本」は初心者にもお勧めです

おひたし

ホウレン草を沸騰した塩湯に10秒。
水で冷やして、カットして、水気は握ってきります。
皿にもって醤油をかければ「」の完成です。

本当は「おひたし」の名前通り、だしを利かせた汁に1時間ほど浸すらしいのですが、うちの家の「おひたし」はこれ。 食卓に青野菜を足したいとき、箸休めが欲しいとき、ホウレン草が安かったとき、そんなサブ的な一品なので、時間はあまりかけたくない。 ですので、こんな適当調理になったわけです。

ただ、守るポイントは抑えていまして、それは茹で時間が10秒なところ。 ここだけは適当料理でも外せない。茹ですぎるとしゃきしゃき感は無くなりますし、味も全て湯に持っていかれる。 かといって、茹で時間が短すぎると生野菜のまま。 湯の量や野菜の量で若干の調整はするものの、おおむね10秒がベストだと思ってます。

それを知ったのは、ケンタロウさんのレシピ本。

ぼくはあまりレシピ本を読まないのですが、ケンタロウさんの本は好き。 普通のレシピ本は、作り方を細かく書いてくれているので、とても勉強になるのですが、数字が多いし、調理工程も多いので、なんだか辞書のような存在。 一方、ケンタロウさんのレシピ本は写真が大きく、文字は少なく、調理工程も少ない。 そこから伝わってくるものは「作り方」ではなく、「作る楽しさ」でした。

それでも、「外してはいけないポイント」は抑えてくれています。

普通のレシピ本では、細かく丁寧に、すべての調理方法が網羅されているので、「絶対に外してはいけないポイント」は埋もれてしまいがち。 もちろん、すべての工程が重要だと思いますし、それを欲しいと願っている方も大勢いる。 ですが、ぼくのような適当に作っている人間からすると、極力、省けるものは省きたい。 そんなとき、はじめから「絶対に外してはいけないポイント」だけを抑えてくれるレシピ本は、本当にありがたいのです。

レシピの分量はグラムではなく比率だけでいい。
食材の切り方も専門用語は使わずで目的を言ってくれればいい。
なにより料理の方向性だけを熱く書いてくれればいい。

そんなレシピ本をぼくは願っているのですが、ケンタロウさんのものはそれに近いです。 そして、これから料理をはじめる人も、そのようなレシピ本から入るのがいいかと。 料理を難しくしているのは「数字と工程の多いレシピ本」かもしれないので。

ケンタロウさんのレシピ本。

これから料理をはじめようとしている方にもおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/22

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「良い魚」は火を通した方が美味しい
前の記事: ネバネバ嫌いも「自然薯」だけは大丈夫

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.