67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

ハード系の「菓子パン」を焼いてみた

実家の最寄駅前にあるパン屋さんは、チェーンの「POMPADOUR」。

そこの「マヨネーズパン」と「あんぱん」が、ぼくのお気に入り。 買ってすぐに近くの公園で食べるのが好きでした。 そんな公園も今では駅ビルの一角となり消滅。 でも、店の周りにたちこめるパンの香りは今でも健在だと思います。

そんなお店の「あんぱん」は、ハード系の生地で作られた「フランスあんぱん」。 ふわふわ生地の「あんぱん」も好きなのですが、パンの風味と香りが強い、食べ応えのある「フランスあんぱん」の方がぼくは好きです。

そんなハード系の「菓子パン」は、割とどこでも見かけるのですが、やっぱり小さい子に食べた「POMPADOUR」の「フランスあんぱん」が一番好き。

参考: 横浜元町で生まれた焼き立てパンのお店 ポンパドウル

ただ、大人になってからは食べていない、あの店の「フランスあんぱん」。 そんなわけで、再現は無理そうなので、とりあえうハード系の「菓子パン」を練習がてらに作ってみました。

小麦粉
パン生地は、いつもどおりの工程で作ります。

参考: フランスパンの作り方 | 67 PHOTO



りんご
りんご。



りんごペースト
リンゴのペースト。



かぼちゃペースト
かぼちゃのペースト。



さつまいもペースト
さつまいものペースト。



生地
パン生地に包んでいきます。



並べる"
オーブン皿に並べて、



焼き上がり
完成!



断面
断面。

左から、「かぼちゃパン」「りんごパン」「さつまいもパン」。

普通においしい。
あつあつの焼きたて菓子パンは新鮮。
こども達も喜んでくれました。

ただ、あの頃に食べたものとはやっぱり別もの。
おそらく、「あんこ」を包んでもそう思ったかと。

もっと練習が必要みたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/21

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 【唐揚げパン】練り込み系の総菜パンはおいしい
前の記事: 【さっぱり鶏丼】お手軽料理は繊細で難しい

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.