67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

【さっぱり鶏丼】お手軽料理は繊細で難しい

一番楽な料理は、焼くだけ、煮るだけ、切っただけ。

そして、味の濃い料理や、脂っこい料理も、正解の懐が深いので、失敗しずらいという点では楽な料理かと。 そう考えれば、さっぱりとした味付けの料理は難しい。 一見、「合せるだけ」「混ぜるだけ」「乗せるだけ」の簡単な調理工程も難しかったりします。

食べる人からは「お手軽料理」に見えるかも知れませんが、作る人にとっては「難解料理」なことも多い。
ぼくのつくる「さっぱり○○丼」シリーズもそうです。

具材
具材。

鶏モモ肉は塩茹でし、
ナスとネギは焼いておく、
トマトはそのまま、

大きさは小さめに揃えておきます。

塩、胡椒、酢、バルサミコ酢、砂糖、醤油は少々ですが、全体の味は濃い目に。
具材と一緒に混ぜ合わせておく。

しんなりしたら炊いた「ごはん」に合わせていきます。


さっぱり鶏丼
さっぱり鶏丼。

疲れた胃腸にも優しい一品。
お酢が効いているので、落ちた食欲も湧いてきます。
それでいて栄養素のバランスもいい。

もちろんおいしい。

ただ、味付けのバランスは少しイマイチ。
もっと酢を足しても良かったかと。

ご飯との混ぜ方も雑だったので、少しべたっと。
口に入れると、団子感を覚えてしまいます。

難しい「さっぱり鶏丼」。

よっぽど「カツ丼」の方が簡単で失敗感が少ないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/21

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: ハード系の「菓子パン」を焼いてみた
前の記事: ハクサイの値段が高いときの「根菜鍋」

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.