67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

憧れの巨大プリン

憧れのバケツプリン。

大きかったり、多かったり、そんな料理を作れるのも「自作」の醍醐味。 好きなものを好きなだけ食べられるのは、自炊だけの特権ではないのですが、それを手に入れる方法で一番お手軽なのは、やはり「自作」なんだと思います。

そう考えると、バケツプリンもいいのですが、正直、容器はバケツでなくてもいいかと。容量が大きければそれでいいかと。 その昔、どこかの「鉄道祭り」で手に入れた、新幹線型のお弁当箱でいいかと。

そんなわけで、新幹線型の巨大なプリンを作ってみました。

たまご
たまごは2個。



液体
生クリームと砂糖、バニラエッセンスを足してよく混ぜます。



半液体
完成。

と、思ったのですが、
表面は固まっているものの、
容器を揺らすとポヨポヨ波打ちます。



プリン
蒸し直して、こんどこそ完成。

淡い色と滑らかな舌触りが高級感を醸し出す一品。
「す」も入らず、蒸し加減は完璧かと。
カラメルはありませんが。

ほんとにおいしい。

ただ、5人でがっつくと、あっという間に消えてなくなる。
新幹線だけに早かったのかと。

「巨大プリン」ではなく、「日本最速のプリン」を作ってしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/21

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: ハクサイの値段が高いときの「根菜鍋」
前の記事: 【蓮根のタマゴとじ】見た目が悪いと「餌」に見えてしまう

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.