67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「原木しいたけ」の食べ方を考える

原木しいたけ

お土産に頂いた「原木しいたけ」。

参考: 北海道へ行ってきた | 67 PHOTO

傘の開き具合もいい。
本当に良いものをもらってしまいました。

八部開き

せっかくなので、食材の味が分かるように調理したいと。
シンプルな料理で食べたいと。

それは他の味が入らないような料理。
そんなわけで、薄めの味付けで作ってみました。


焼きしいたけ
しいたけのてんぷら。

グリルで焼いてみました。

とりあえず、塩もつけずに頂いてみる。
「詰まってる感」があって歯応えはいい。
「うま味」が濃いので塩は無くても食べられます。

おいしいです。



しいたけのてんぷら
しいたけのてんぷら。

これは塩で頂きました。
中身は程よい水分があるのでジューシー。
油との相性がいいのかも。

おいしいです。



しいたけの肉詰め
しいたけの肉詰め。

肉を詰めて焼いてみました。

やっぱし油との相性がいいみたいです。
肉の味に負けると思いきや、全然負けてない。
むしろ肉が負けすぎ。

美味しいのですが、全体的な味はバランスが悪かったです。



干す
外で干してみました。



乾燥
縮んでいきます。



干ししいたけ
1/10の重量になりました。



もどし
水に浸けてあげると元の大きさに。



しいたけの煮しめ
しいたけの煮しめ。

柔らかさの中にある「歯応え」は、文字では上手く表現できないもの。
少し濃い目に味付けをしたのですが、まだまだ「うま味」の完勝。
食べ終わっても、後味といいますか、余韻が長く残ります。

ほんとに美味しい。

以上です。

数少ない「しいたけ」でいろいろと試してみたのですが、正直、ベストな料理には辿り着けず。 そもそも、シンプルな料理にしたことが失敗。 味が濃いので、個性の強い料理と戦わせた方が正解だったかと。んもっと無差別級的に。油との相性もいいみたいですし。

今後の課題として取り組んでみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/21

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 豚汁に入れたいもの
前の記事: 「原木なめこ」を食べてみました

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.