67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「イカゲソぱん」が美味しすぎたので自宅で再現してみた

関東、東北、北海道、そして関西と。

短期で地方移住を繰返したわけですが、その楽しさのひとつに「パン屋めぐり」がありました。 有名店からマイナー店、森や畑にぽつんと建つお店から住宅街の一角にあるお店まで、気になるお店は家から遠くても出かけました。 そして、基本的には「ハード系のパン」を扱っている店を選んでいたので、必ず購入するものは「フランスパン」。それが一番お店の味が分かると思っていたので。

そんなパン屋さんの中、大阪の河内長野市にある「ベイクハウス キギ」もぼくのお気に入りのひとつです。

Webの情報では「あんぱん」や「クリームぱん」が美味しいとあるのですが、地元の人からは「イカゲソぱん」を推す声が多かったです。実際、売り切れは早いですし。

この「イカゲソぱん」は、分かりやすく言うとハード系のパンで作られた「ガーリックトースト」。 具としてイカのゲソが乗っています。ミスマッチと思ってしまったこの組み合わせも、食べてみると絶妙で、ニンニクと適度な歯応えのイカゲソが病みつきに。 長年、ガーリックトーストに感じていた「物足りなさ」を明確にしてくれて、同時に対処の方法も教えてくれた。そんな総菜パンです。

ですが、また引越したので、もう食べられず。
そんなわけで、自作してみました。

生地
フランスパンを焼いていきます。

参考:フランスパンの作り方 | 67 PHOTO


フランスパン
まあまあ上手く焼けたと思っていたら、



破裂
裏は破裂してました...



いかげそガーリック
いかげそガーリックを作って、



イカゲソぱん
オーブンで焼いたら「イカゲソぱん」の完成です。

店のものと比べると、姿はかなり違います。
それでも、味は近いと思いきや、そっちも別もの。
美味しいのですが、店のものに比べると失敗パン...

やっぱし、プロはちがうなと。
そう教えられた「イカゲソぱん」でした。

ちなみに、店の「かつカレーぱん」もお気に入り。

こちらも、そのうち作ってみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/20

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 命をつなぐ薄力粉【手打ちうどん】
前の記事: 「しいたけの煮しめ」が子供に人気の理由

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.