67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

【シューマイ】手作りしても美味しいとは限らない

餃子は何度も作ったことはあるのですが、シューマイはありませんでした。

餃子の方が100倍好きというわけでもなく、むしろ小さい頃はシューマイの方が好き。 今でも、実家へ帰るとき、母親から食べたいものを聞かれれば、迷わず答えるのは「シューマイ」だったりしますし。

かといって、それまで作らなかった理由も無かったりします。 たしかに、ぼくの中では「焼き」や「茹で」よりも気の乗らない「蒸す」という調理方法。 それは、調理時間が長いことや、普段は使わない蒸し器を用意することが億劫なのではなく、単にぼくが慣れていないだけ。それを避けていただけ。 といいつつも、別料理では「蒸す」も平然とこなしていたり。

いまいちど考えてみれば、理由なく作らない料理が「シューマイ」でした。

特に分からないことも、難しいところも、苦手なところも無いのですが、なんとなく作ることを避けていた料理。 そんなわけで、ここらで「シューマイ」を作ってみることに。

せっかくなので、皮も自作してみました。

皮
皮は、薄力粉と水、塩を混ぜ合わせて作りました。



タネ
シューマイの具は、豚ひき肉と微塵切りしたタマネギで作ることに。
下味は「塩」のみで。



のばす
皮は適当に伸ばしました。



包む
包んで、



シューマイ
蒸してシューマイの完成です。

肉汁が半端ないシューマイ。 つけた醤油皿には「油滴」がいっぱい。
それでも「しつこくない」のは何故だろう?

おいしい。

ただ、自作の皮は普通。
おそらく、市販の皮と大差ないかと。
自作餃子のような美味さを期待していたのに裏切られました...

労力から考えて、次は市販の皮を使いたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/20

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「しいたけの煮しめ」が子供に人気の理由
前の記事: それでも「春巻き」は作りたい

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.