67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

嫌いだった「大根ぶた」を作りました

子供の頃、嫌いだったのはレバーと納豆、そして大根。

あの苦味がダメでした。 あの頃、 同じ根菜類の「じゃがいも」は好きで、クリームシチューの中でそれを見つけると心は踊るのですが、 いざ口に入れると「大根だった...」と、一気にテンションが下がったのは良い想い出。 「肉じゃが」を心待ちにしていても、食卓にのぼるのは「大根ぶた」だったことも多かったです。

それでも、うちの親は嫌いなものでも食べさせる方針だったので、おかげさまで食べられないこともなく、大人になれば割と好きな野菜になっていたりもします。 ぼくの作るおでんは、いつでも大根が主役ですし。

その流れで、ぼくの気持ちを下げ続けた、あの「大根ぶた」も作ってみました。

大根
大根。

嫌いになりたくないので、少し真面目に作りました。

大根は直売所で売っていた良いものを選択。
少し厚めに切ると美味しいのは「おでん」で経験済み。
「面取り」も施してみました。



豚肉
豚肉。

豚肉は、軟骨入りの塊肉をチョイス。
塩で下味を付けて、表面を焼固めしました。



土鍋
土鍋。

無駄に「土鍋」を使ってみました。
雰囲気を出したかったので。

味付けは、白だし、日本酒、醤油のみ。
沸騰しないよう静かに煮込みました。



大根ぶた
大根ぶた。

おいしい。

豚と大根の見事なコラボレーション。
大根は、あえて中心まで味を染み込ませず、断面の1割は白色のままに。
それは、素材の味も堪能できるようにと。

これをおいしいと思えるのは歳をとった証拠かと。
なんにせよ、またひとつ大人になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/19

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 夜ごはんのメイン料理に「たまご焼き」
前の記事: 暮らしと料理への関わり方

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.