67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

素人がチョコレートケーキを簡単に作る方法

結婚当初は、ぼくと嫁さんの間では作る料理の分野を住み分けてました。

基本的にはぼくが全てを賄い、嫁さんは煮物を担当。 そして、甘い菓子類も嫁さんのテリトリー。 それは、お互いが話し合いで決めたことでもなく、あとから思い返してみると「そうなってた」くらいなもの。 そんな緩い決まり事なので、年月を積み重ねると、あやふやに。

ただ、ぼくは、煮物は作るようになったものの、甘い菓子類は作る気になれないので、全てではないにしろ、いまだにそこだけは嫁さんのテリトリーだったり。 作る気が起きない理由は、その繊細さ。素材の分量や、混ぜ方ひとつとっても適当に行うと失敗する。 そんなイメージを持っているので、「適当」が心情のぼくにとって、甘い菓子類は作る気が起きないメンドクサイ料理だったりするのです。

そのため、お菓子類に関しては完全に素人。

ある日、そんなぼくに嫁さんが食べたいと言ったのは「チョコレート生クリーム」でした。 ケーキではなく「生クリーム」。おそらくホイップされた甘い「生クリーム」。 そんなリクエストに応えることは簡単と思い、スーパーで買ってきたのはチョコレート入りの生クリーム。 それだけでは芸がないと思い、嫁さんの好物でもある「アラザン」も追加しました。

さっそく、家の台所でチョコレート入りの生クリームを泡立てます。
皿にホイップを乗せて形を調える。
アラザンを適当に。

チョコレートケーキ
完成。

チョコレートケーキ?
当りまえだけれども、甘くておいしい。
こども達もがっつく。

少し胸焼けしますが...

余ったチョコレートケーキ?は冷凍庫へ。
翌日の朝ごはんは、チョコレートアイスでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/17

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 基本は大切
前の記事: お弁当の「玉子焼き」が白くなる理由

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.