67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

鱈のホイル焼きの「家ごはん」的食べ方

鱈のホイル焼き
鱈のホイル焼き。

フライパンにアルミホイルを敷きます。
薄切りにしたタマネギ、切身の鱈、薄切りのしいたけ、輪切りのピーマン。
その順番でのせていきます。

味付けは、塩、酒、バター。
ホイルに包んで弱火で焼いていけば完成です。

本当は1人前ずつ包む方が良いのかも知れませんが、我家ではアルミホイルの節約、というよりも、手間を省いた結果の大皿料理。 それを皆でつっつくわけです。すると、最後に残るのは、美味しい出し汁だったりします。

そんなバター風味の濃厚な出し汁には、少量のポン酢を垂らします。 それをスプーンですくい、炊きたての白米の上にかけるのです。 タマネギの甘味と鱈の旨味が凝縮された汁は、バターの旨味と合わさった最高のタレ。 白いごはんとの相性は抜群です。

パスタやごはんを直接入れても良いと思うのですが、そんな食べ方も「家ごはん」ならではと思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/17

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「彩り」に頼らない料理に憧れる
前の記事: 「空芯菜炒め(もどき)」の味の秘訣

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.