67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

メジャーになりつつある「油麩」に感じる寂しさ

地方を転々と、旅をするように移住を繰返しました。

それで知ったことと言えば、地方の有名な1番目よりも、2番目以降の方がおもしろい、ということ。
特に食べ物がそうで、それを知れることも移住の楽しみのひとつなんだと思います。

その目線で思い返したとき、一番おもしろかった地方と言えば、やっぱり「仙台」。 正直、牛タンよりも、おはぎや油揚げの方が美味しかった。 そして、なによりも好きだったのは「油麩」だったりするのです。

仙台名物「油麩」。

詳しい作り方は分りませんが、それは油で揚げて作られた「麩」。 仙台市内のスーパーならどこにでも売っているものです。

そんな「油麩」は、油で揚げてあるので煮物の具に最適。 「おでん」のさつま揚げ。「ちゃんこ鍋」の油揚げ。 料理に入れるのなら、それと同様の使い方で良いと思います。

少々煮込んでも、外郭の固さは残るので、それも「油麩」の美味しさのひとつかと。 そこら辺の食感は、個人の好き嫌いで分かれると思うのですが、それも煮方ひとつでコントロールもできるので、ほんと「油麩」は良い食材です。

ただ、仙台を含め東北以外では、その姿もあまり見かけません。 そう思っていたのですが、関西に住んでいるとき、近所のスーパーで見つけてしまいました。

さっそく購入し、家で調理。
肉じゃがの「肉」の代わりに「油麩」を入れました。
いわゆる「麩じゃが」というやつです。

麩じゃが
麩じゃが。

おいしい。
なつかしい仙台の味。
ぼくは固めの「油麩」が大好きです。

今では、仙台以外でもたまに見かける「油麩」。 北海道のスーパーでも置いてるそうな。 それは嬉しいのですが、どこかで寂しさも感じます。

それは、インディーズからメジャーへの昇格を祝うファンの心理と似ているのかと。

そんなわけで、どこで買おうが食べようが、ぼくの中では永遠に「油麩」は仙台の味だったりするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/12/17

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「空芯菜炒め(もどき)」の味の秘訣
前の記事: 道の途中の「もち米シューマイ」

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.