67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

夏バテ知らずな人のためのソーメンチャンプル

夏は暑くて食欲が湧かないと言う人もいるけれど、そんなことには関係なく、がっつり食べたい人もいる。

そんな人にとって、ソーメンは物足りない食べ物かと。 冷たくて喉ごしも良いソーメンは、食欲の落ちた暑い日の昼食に食べたいものだとは思うのですが、 いくら暑くても食欲の落ちない人もいるわけで、そんな人達にしてみれば、パンチの無い爽やかすぎるソーメンでは、 空いたお腹を満たすことはできても、溢れる食欲の全てを埋めることはできないのです。

そのためでしょうか、各家庭でソーメンを食べるとき、ソーメンのみが食卓にのぼる家庭と、コロッケなどのおかずが一緒に並ぶ家庭があると思います。 このことからも、暑くて食欲の湧かない人がいると同時に、暑さに関係なくがっつり食べたい人は存在すると思うのです。

ただ、市民権を得ているのは、夏は暑くて食欲が湧かない派かと。

トンカツを食べたいのに気温の暑さのせいで我慢を強いられている方も多い気がします。 そんなとき、つゆに付けて食べる冷たいソーメンではなく、せめて炒めた肉が入っている温かいソーメンチャンプルにして欲しいと思うもの。 それが、夏は暑くて食欲が湧かない派に歩み寄れる最善の妥協案なのかも知れません。

ただ、夏は暑くて食欲が湧かない派を説得するのは難しい。 なにせ市民権を得ているで。 そこで武器となるのが、栄養バランスの必要性。 暑いからといって、冷たいソーメンばかり食べていては栄養が足りないと。 やはり野菜の接種は必要ですし、タンパク質も摂らなくてはならない。 それを武器として、肉の入ったソーメンチャンプルにありつくのです。

ソーメンは少し固めに茹でておきます。

具はキャベツ、エノキ、ニンジン、そして豚肉。
軽く塩で下味を付けつつ、具をフライパンで炒めていきます。
均等に火が通ったら、茹でたソーメンを追加。

手早く合わせて、味付けは醤油。
皿に盛り付け、かつお節をふりかければ完成です。

ソーメンチャンプル
ソーメンチャンプル。

ちなみに、ぼくの実家では、ソーメンのとき、かならずコロッケも出てきました。
そして、我家のソーメンチャンプルは肉が多い。

この小さい肉を噛みしめて、暑い日のトンカツを夢見て生きていくのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/11/28

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 水を使わない「みぞれ鍋」はおいしい
前の記事: 「肉ニラ炒め」ではなく「ニラ肉炒め」を作りたい

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.