67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

銀杏入りの「巨大茶わん蒸し」はおいしい

銀杏

奈良に住んでいたとき、自宅近くの直売所で「銀杏」を手に入れました。

勢いで買ったものの、困ったもので、使い道は「茶碗蒸し」しか思い浮かばず。 そもそも、「銀杏」は香り、というか匂いが強烈で、どちらかというと苦手な食材ですし。

子供の頃、「茶碗蒸し」は好きでしたが、その中に潜んでいる「銀杏」は嫌いでした。 ただ、それも昔。歳を重ねて、幾らか味覚も衰えて、嫌いだった「銀杏」も美味しいと思える体に。 そう思えたので、苦手な「銀杏」を勢いで買ってしまったわけです。

ただ、電子レンジを使用して、「銀杏」の皮を剥いてみても強烈な匂いは一切なく、何とも言えない良い香りが部屋に立ち込めました。 それは、自身の味覚と嗅覚の劣化によるものなかの? はたまた「銀杏」の質が良かったからなのか? その理由はどうでもいいですが、とりあえず、美味しい「茶碗蒸し」にありつけそう。

それが何よりも嬉しかったです。

水に、白だしと酒、玉子を入れて、よくかき混ぜておきます。
この液体を細かい網で濾すと良いらしいけれども、面倒なので割愛。
そのまま大きな耐熱皿に注ぎ入れました。

椎茸と鶏モモ肉、皮を剥いた銀杏、干しエビを投入。
あとは適当に蒸せば完成です。

巨大な茶碗蒸し
巨大な茶碗蒸し。

表面が汚いのは、火が強すぎた証拠です。
おそらく泡立ったり、蓋から水滴が落ちたりしたのかと。
味には問題ないので気にしません。

我家の家庭料理なんてこんなものです。

そして家族でがっつきました。
小皿に取り分けることもせず、全員がスプーンでがっつく。
あっという間に完食。

おいしかった。

やはり、大きさは正義。
ただの茶碗蒸しも、それだけでおいしさもアップします。

銀杏も美味しく頂けました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/11/27

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「絡める」を省いてミートソースにした理由
前の記事: タラで作った鍋っぽい煮魚ではダメでした

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.