67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

フグをオーロラソースで食べた理由

フグ

スーパーで購入した切身のフグ。
少し固めに仕上げた天ぷら衣を纏わせます。
180℃の油で揚げれば完成です。

おいしいのですが、いわゆる「フグ」の食感とは違うもの。 なぜならそれは、フグはフグでも、格安の「サバフグ」だから。 味も「トラフグ」と比べると少し残念なものでした。

それは大阪での出来事。

スーパーで普通にフグが売っている辺り「さすが関西」と思ったのですが、その値段を見て嫌な予感も。 フグにしては格安すぎました。それでも他の魚より気持ち高めの値段設定だったので、少しの期待を持って購入したわけです。 案の定、不味くわないものの、そこそこのものでした。

思えばそんな「名前トリック」を仕掛けてくる魚は他にもいっぱいあるわけで、この「サバフグ」もその仲間たちでした。 ただ、騙されたと思うことは少なく、その値段からすれば、納得してしまいます。 なにより、そんな一連の経験が楽しく、そう考えれば、値段以上の満足度もあったと思えてしまいます。

分かった上で騙される。

そんな気持ちもあったので、「サバフグ」の天ぷらを作るときの衣も固めに仕上げました。 きっとジャンク的に食べた方が良いのだろうと、予防線を張っておいたわけです。 「完全に騙されてるわけじゃない」と、負けず嫌いの証としても。

「サバフグ」の天ぷらは、マヨネーズとケチャップで作ったオーロラソースで食べました。

とっても美味しかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/11/11

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「葛切り」は頑張りすぎると失敗するので適当に
前の記事: 大きいままの食材を使った料理は食べずらい

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.