67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

エビの香草パン粉焼きを家で食べられる幸せ

その昔、ちょっと良い店で「エビ料理」を頼んで少し後悔したことも。

一刀両断された大きなエビがオシャレにグリルされた料理。 とても美味しそうだったのですが、箸ではなくナイフとフォークで食べなくてはならず。 ちなみにぼくは生粋の箸派。ファミレスでもナイフとフォークは使いませんし、そもそも箸で食べやすいものを選んでしまいます。 ですので、「エビ料理」を頼んでしまい、少しの後悔といいますかストレスを感じてしまったわけです。

ただ、エビの身と殻の間にフォークを入れてみると、予想外にポロっと外れる海老の身。 それは、なんだかいらぬ心配をしていたと気付いた若い頃の思い出です。

それでも、家で気兼ねなく箸で食べられれば、もっと幸せだろうと思ったりも。 そんなわけで、この日の夜ごはんは「エビの香草パン粉焼き」だったわけです。

コストコで購入した割と大き目のエビを、包丁で一刀両断。
バジルと塩、おろしニンニク、オリーブオイルを混ぜ込んだパン粉を乗せます。
それをグリルで焼けば完成です。

エビの香草パン粉焼き
エビの香草パン粉焼き。

バジルとニンニクの相性は抜群で、
そこにエビの旨さが加われば美味しくない分けがありません。
頭部のミソもいい感じですし。

おいしい。

なにより箸で食べられるのが幸せ。あいかわらず身もポロっと外せますし。
頭部は手で持ってしゃぶりましたし。
お店もいいけど家もいい。

やっぱり自由な「家ごはん」は最高です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/10/22

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: チヌのフルコース
前の記事: 丸アジで作る南蛮漬けは美味しい?

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.